龍田さん観察日記

72442529.jpg
1:2016/11/24(木) 00:03:44.97 ID:
キャラ崩壊注意、短い

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1479913424


2:2016/11/24(木) 00:04:23.68 ID:
龍田「初めまして、龍田d」ガシッ

提督「」テヲトル

龍田「…提督?何の真似ですか?おさわりは禁止ですよ~?」

提督「惚れた、結婚してくれ」

龍田「え?」

提督「結婚してくれ、カッコカリじゃない結婚を」

龍田「…」

龍田「」カオマッカ

日記:ちょろい


3:2016/11/24(木) 00:05:11.68 ID:
龍田「そ、それは…さすがにまだお互いのことを知らないというか…あの…」

提督「それもそうだな、すまない」

龍田「いえ…それで」

提督「ん?」

龍田「いつまで手を握ってるんですか?」

提督「ああ、すまんな。思いを寄せる人とは、少しでも長く触れ合っていたいものなのだ」

龍田「」カオマッカ

観察日記:出会って1分足らずで甘々空間


4:2016/11/24(木) 00:05:46.57 ID:
天龍「おーい提督ー。新参者の登場だって?このオレが直々に…」

龍田「て、天龍ちゃん!?」

提督「やあ、天龍。御覧のとおり、君の妹だ」

天龍「お、おう。ていうかさ」

提督「どうした?」

天龍「どうして手なんか取りあってるんだ?」

龍田「あ…こ、これは違うの天龍ちゃん!いい加減離してください~!」ブンブン

提督「…名残惜しいが仕方あるまい」テヲハナス

龍田「あっ…」(´・ω・`)

提督「ん?まさかやっぱり手を繋ぎたいのか?」

龍田「そ、そんなんじゃありません!提督のバカ!」

天龍「(なんだこれ)」

日記:かわいい


5:2016/11/24(木) 00:06:14.95 ID:
~次の日~

龍田「提督!なんですかこれは!」シンブンペシン

提督「ああ、青葉が作ってるやつだな。これが何か?」

龍田「何かって…見出しにこんなに大きく書かれてるじゃないですか!」

新聞「新艦娘「龍田」!提督とのいちゃラブをて姉「天龍」に見せつける!」

龍田「なんで昨日のことバレてるんですか!」

提督「そりゃあ、青葉は川内とコンビ組んで新聞作ってるからな。どこにいようが安心できないぞ」

龍田「そんな…」

提督「まぁいいじゃないか。これで大手を振って『龍田を愛している』と叫べる」

龍田「叫ばなくていいです!!」カオマッカ

日記:本当に叫んだ。本気で殴られた


6:2016/11/24(木) 00:06:44.09 ID:
~とある日~

龍田「提督~?おさわりは禁止って言いましたよね~?その手、切り落としますよ~?」

提督「やれるものならやってみるといい。これでも武術の心得はある。女一人ぐらい無力化できるさ」

龍田「いいんですか~?それじゃいきますよ!」ブン!

提督「懐ががら空きだぞっ!」ダキコミ

龍田「きゃあっ!?」

提督「龍田、愛している」ミミモトササヤキ

龍田「」カオマッカ

日記:無力化成功


7:2016/11/24(木) 00:07:11.48 ID:
龍田「」プンスカ!

天龍「どうした龍田?えらく機嫌悪そうじゃねぇか」

龍田「あ!天龍ちゃん!聞いてよ、提督がね」

提督「あーんしてくれ。頼む」

龍田「なんて言ってくるのよ、しかもみんないる食堂で!」

天龍「へー。で、してやったのか?」

龍田「…うん」

天龍「(これもう絶対落ちてるじゃん)」

日記:陥落


8:2016/11/24(木) 00:07:40.24 ID:
提督「うーむ…」

龍田「悩み事ですか?提督」

提督「ああ、ちょっとな。挙式について考えていた」

龍田「きょっ…!?」

提督「ウェディングドレスにするか…しかし和風も捨てがたい…」

龍田「もう!そんなこと考えてないで執務に専念してください!」

提督「月明かりの下、部屋には俺と龍田が二人きり…いいな」

龍田「提督~?いい加減にしないと怒りますよ~?」

提督「その後、いい雰囲気になって龍田と(自主規制)」

龍田「」カオマッカ

日記:もしかして:初心


9:2016/11/24(木) 00:08:08.91 ID:
~しばらく経った後、5月29日~

龍田「最近ジメジメしてきましたね~。てるてる坊主を準備しなくちゃいけませんね~」

提督「龍田」

龍田「どうしました?」

提督「今日は、龍田の進水日だったな」

龍田「あら~。覚えていてくださったんですか」

提督「ああ、これを渡すなら今日がいいと思ってな。これを」ハコパカッ

結婚指輪「」

龍田「これ、もしかして…」

提督「ああ、結婚指輪だ。龍田、俺と共に道を歩んでくれ。そばにいてくれるだけでいい」

龍田「…嫌です」

提督「なっ!?」


10:2016/11/24(木) 00:08:44.12 ID:
龍田「だって…妻ならそばにいるだけじゃなくて夫を支えてあげなきゃ、ダメでしょう?」

提督「あ、あぁ…そうか…」

龍田「だから、私が提督…あなたを支えます」

提督「っ!?つ、つまり…?」

龍田「はい、お受けします。不束者ですが、よろしくお願いしますね」

提督「こちらこそ、よろしく頼む…!?龍田、お前…」

龍田「え?」ナミダポロポロ

提督「も、もしかして本当は嫌なんじゃ!?無理はしなくても」

龍田「違います、提督、これは、嬉し涙、ですっ」

提督「そ、そうか。しかし意外だな、龍田でも泣くことがあるとは」

龍田「あたり、まえです。いいですか、提督」

提督「なんだ?俺にできることなら何でもするぞ?」

龍田「浮気なんかしたら、私、許しませんからねっ」ニッコリ


11:2016/11/24(木) 00:09:12.56 ID:
「あら?いったい何を見てるの?」

「何、ちょっと昔の日記をね」

「あらあら、懐かしいわね~」

「そうだな」

「そんなことより、もうご飯できてますよ~?」

「ああ、すぐに行く」

「早くしてくださいね?あの子も待ってますから」

「そうだな、嫁さんに似た、可愛い子だ」

「もう…」

FIN.


12:2016/11/24(木) 00:29:04.40 ID:

オコトワリしない龍田はただの天使だな(歓喜)

13:2016/11/24(木) 00:33:28.73 ID:
Sは攻めに弱いってはっきりわかんだね

14:2016/11/24(木) 00:33:30.21 ID:
先手必勝、分かってる


15:2016/11/24(木) 00:44:32.46 ID:
最高かよ

16:2016/11/24(木) 01:43:47.77 ID:

かわいい

17:2016/11/24(木) 02:15:40.85 ID:
乙です