まゆ「なんで泰葉ちゃんはそうなっちゃったんですか」

3b18162b.jpg
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 00:22:51.59 ID:CkUwYRch0
泰葉「?」モキュモキュ 

智絵里「?」モキュモキュ 

まゆ「泰葉ちゃんちょっと可愛すぎると思うんですよ」 

泰葉「え、何企んでるの」 

まゆ「ひどい」

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1453648971

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 00:32:12.76 ID:CkUwYRch0
まゆ「最近可愛すぎるんですよ泰葉ちゃん。この可愛がられ屋め」 

泰葉「そんなこと言われても」 

まゆ「出会った頃はそんなじゃなかった。Pさんにストレートに甘い言葉吐くような子じゃなかった」 

泰葉「そんなこと言われても」モキュモキュ 

まゆ「そもそもそんな可愛い音を出してものを食べたりしなかった」 

泰葉「そんなこと言われても」 

まゆ「謝ってください」 

泰葉「なんで」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 00:37:44.21 ID:CkUwYRch0
まゆ「泰葉ちゃんのせいでまゆの生活に危機感がまた上乗せされることになるんです」 

泰葉「知らないよ」モクモク 

まゆ「なにちょっと気にして音変えてみてるんですか。かわいいじゃないですかぁ」 

泰葉「じゃあもうどうしたらいいの」 

まゆ「昔はそんなんじゃなかった。あのポロッとタメ口が出る人間不信の泰葉ちゃんに戻ってください」 

泰葉「絶対嫌だよ」 

まゆ「そして一緒にハイライトを消しましょうよぉ!」 

泰葉「絶対嫌だよ」 

智絵里「け、喧嘩はよくないよ…」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 00:43:16.21 ID:CkUwYRch0
まゆ「なんで一緒にハイライト消してくれないんですかぁ…」 

泰葉「もう趣旨変わっちゃってるじゃない」 

まゆ「なんでもいいんですよぉ…Pさんに『一人で出来るから平気』って言い放つ子に戻りさえすればそれだけで」 

泰葉「ハイライト関係ない」 

智絵里「ま、まゆちゃん…ハイライトなら私が一緒に消してあげるから…」オロオロ 

泰葉「智絵里さんダメだよ」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 00:50:51.40 ID:CkUwYRch0
まゆ「まあ冗談はこれくらいにしておいて」 

智絵里「えっ」 

泰葉「まったく…瞳のハイライトを消す話しながらご飯食べる日が来るなんて思わなかったよ」 

泰葉「で、本当は何の話?」 

智絵里「そっか、またなんか熱くなってるのかと…」ホッ 

まゆ「智絵里ちゃんはかわいいですね。そういえば泰葉ちゃん、泰葉ちゃんもかわいいからそのせいでまゆが日々不安と戦う羽目になってるんですけど」 

泰葉「なにも変わってない」 

智絵里(もしまたまゆちゃんが暴走したらちょっぷしなきゃと思ってたけど…よかった) 

泰葉(明らかに下ろしてる右手がチョップの形だけど黙っておこう)

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 00:58:28.32 ID:CkUwYRch0
まゆ「といっても具体的にいつそうなっちゃったんですか?」 

泰葉「いや、そんなこと言われても…」 

まゆ「テレビで観た以外でまゆが知ってる泰葉ちゃんって、モデルやってた頃だけなのでノーマークだったんですよぉ。そしたらいつの間にかこんなことになってるから」 

泰葉「まさかモデル時代から一緒にハイライト消そうとか考えてたんじゃないよね?」 

まゆ「そそそそんなワケないじゃにゃいですかぁ」 

泰葉「えっ」 

智絵里(思ってたんだ…)

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 01:09:24.23 ID:CkUwYRch0
まゆ「とりあえずアイドルとしての仕事順に挙げていってもらえますか? なにかヒントがあるかもしれないので」 

泰葉「え? …えーっと、デビューイベント…ここからしばらく営業だけど全部?」 

まゆ「んー…とりあえず事務所側のイベントだけお願いします」 

泰葉「わかった。えっと、デビュー、クリスマスサバイバル……」 

智絵里「え、全部覚えてるの…?」 

まゆ「Pさんから頂く仕事は全て」 

泰葉「こっちに来てからの仕事だけね」 

智絵里「すごい…私、いっぱいいっぱいで……」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/25(月) 01:19:11.27 ID:HBGhkGkG0
  /.} 
/….} 
::::::ノ――-.. 
/艾乃 ュ 、……\ 
 ̄ ̄.`…..マユ 、…..\ 
…………………….ヽ 乃 ……ヽ 
………….. |…………..マ乃……….、 
…………..j{..l|………….Ⅵ}…………, 
………..〃..}、……………Ⅷ………..l 
……../j{…/ {\…….. l|……….. 
、.,,/ ル′ 、.ヽ…. l|………..j{ 
    拆.、  \……j{………/ 
     叱ッヽ } ⌒j……/ 
       ´ 〃 ノ……,′見てますよぉ…? 
__     .ィ..イ…….j{   
ーν ′ /.ノ.ノ………{ 
_  ≦.-‐….´………….}_ 
. _ /………………………ノ   `ヽ 
/  j{………….._彡 ´–― ´ 
v‐ j{_ -‐≦//\ 
|///////////ヽ 
|///////////// , 
|//////////////〉 
.」 ////////////// 
 }///////////// 
Ⅵ//////////// 
 マ/∧//////.j{ 
.  Ⅵ/ヽ///// { 
   マ//.\///j{ 
    \///ヽ/ , 
   } 癶、///∧ 
   ノ个  ヽ//ハ 
ー ´ } l    ∨/ハ 
. . . .ノ      ∨/ ハ 
_ . イ.      ∨//} 
|l. . .、         Ⅶ/! 
|l. . . ,    }l  マ/j 
. . . . . ,   .}l 、  }/ 
. . . . . . ,  }l ヽ/ 
. . . . . . . , .}l   
. . . . . . . . , j{ 
. . . . . . . . .∨ 
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 01:23:59.03 ID:CkUwYRch0
泰葉「うーん…そっちの方が普通なんだろうね。私にはこれでも最近の仕事って感覚だから」 

智絵里「そっか…芸能界のお仕事ずっとやってるんだもんね」 

泰葉「うん、その上何もかも全てがこれまでにない環境だったからなおさら」 

まゆ「あ、そういう理由だったんですか」 

泰葉「まゆさんは特殊」 

まゆ「ふぐぅ……」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 01:36:14.93 ID:CkUwYRch0
泰葉「さて、っと。事務所のイベントね…クリスマスサバイバル、ひな祭り、テーマパーク、第一回ドリームLIVE…」 

智絵里「あ、そこ。大体その後から泰葉ちゃんの雰囲気が変わったような…」 

泰葉「あー…そっか。そのあたり、ね」 

まゆ「第一回…ということは周子さんの仕業ですね。とっちめてきます」 

泰葉「個人的にいろいろ考えただけだって…。これ以上シンデレラガール敵に回すのやめようよ」 

まゆ「狐ってイヌ科じゃないですかぁ。結局まゆは犬と戦う運命なんですよぉ」 

泰葉「智絵里さん」 

智絵里「初ちょっぷ」ゴスン 

まゆ「ふぐぅ」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 01:41:58.16 ID:CkUwYRch0
智絵里「つい気合入れちゃった…ごめんね?」サスサス 

まゆ「ふぐぅ…思えば蘭子ちゃんもチワワじゃないですかぁ……」 

泰葉「まだ言うか」 

まゆ「愛梨さんは…愛梨さんは犬ではないですね。もっとえっちな何かです」 

泰葉「知らないよ」 

ティキーン

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 01:50:55.03 ID:CkUwYRch0
まゆ「もうしばらくしたらPさんから呼び出しがくる気がします」 

泰葉「えっ何今の音」 

智絵里「っていうかまゆちゃん、午後から仕事じゃなかった?」 

まゆ「ああ、それでですか。Pさんを失望させてしまったら絶望と共に生涯が終わるので早めに行ってきますね」 

泰葉「ああそう…頑張ってね」 

まゆ「うふふ、泰葉ちゃんがライバルに『頑張ってね』ですって。本当になんでそうなっちゃったんでしょう♪」 

まゆ「では、ダッシュで」 

ぽてんぽてん・・・ 

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 01:56:16.96 ID:CkUwYRch0
智絵里「最後、なんだか嬉しそうだったね」 

泰葉「……Pさんに会えるからでしょ」 

智絵里「もしかして泰葉ちゃん、ちょっと照れて……」 

泰葉「さあ? どうかな。…なんて」 

智絵里「ふふっ」 

泰葉「もう…」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 02:03:04.45 ID:CkUwYRch0
智絵里「ところでまゆちゃんっていつからああなっちゃったんだろう…」 

泰葉「それこそいつの間にかって感じだけどね」 

智絵里「以前泰葉ちゃんには本能的に逆らえないとか言ってたような…。芸歴がどうとかで」 

泰葉「その割に私結構色々されてるんだけど」 

智絵里「うーん…」 

泰葉「ただ、ひとつ言えるのは…」 

智絵里「?」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 02:12:10.83 ID:CkUwYRch0
泰葉「別の事務所のプロデューサーに惚れたって言って、その人の担当アイドルになるのってどう思う?」 

智絵里「……あ」 

泰葉「ある意味一番遠い存在になっちゃうよね、って」 

智絵里「私達は出会って、アイドルになってそれから…だったけど」 

泰葉「うん。それを考えると、元からまゆさんってこういう感じだったのかなって…」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 02:12:49.21 ID:CkUwYRch0
智絵里「……」 

泰葉「……」 

智絵里「……」 

泰葉「……」 

智絵里「あれ、私転職した方がいいのかな?」 

泰葉「隠居、考えようかな」 

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 02:20:17.69 ID:CkUwYRch0
おしまい 

最後の件をやりたいがために書いてたことを白状します 
まゆのことがへっぽこに見え始めたきっかけがアレでした

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 02:26:25.89 ID:CkUwYRch0
おまけ 
やろうと思ったが収集つかなくなるのでやめたネタ 

泰葉「…ちょっと調べてみる?」 

智絵里「え…?」 

泰葉「まゆさんが普段ずっとあんな感じなのかを。ここにPさんがくれたチケットがあるの」スッ 

智絵里「えっ…これ何」 

泰葉「チケットを出して、指を鳴らすと……」 

パチン! 

あやめ「お呼びで!」シュタッ 

のあ「任務ね」シュンッ 

マキノ「それで、用件は?」カタン 

泰葉「まゆさんの一日の様子について詳しく調査して欲しいんですが…」 

智絵里「えっ」 

劇終

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/01/25(月) 02:27:28.17 ID:CkUwYRch0
今度こそおしまい 

デレステでまゆをフロントに置いてあんずのうたをプレイすると笑いが止まらないんですが何とかなりませんかね

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/25(月) 02:29:24.92 ID:qZ22tUHk0
おっつおっつばっちし☆ 
なんという和やかさ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/25(月) 03:15:12.51 ID:4bNZNGrDO
おつおつ 
タイトルでまたお前かとわかる不思議(棒) 

まゆはSSRでは多少初期化したって聞いたが

22 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/25(月) 09:42:13.12 ID:iRgQp9YZ0
乙モキュモキュ 
智絵里チョップはパンチ力