芳乃「悠貴がマイクロビキニを着ていた頃のでーぶいでーがほしいのでしてー」

e5a0e5ea.jpg
1:2016/11/27(日) 00:01:39.13 ID:
※スレタイと本文はあまり関係ありません

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1480172498


2:2016/11/27(日) 00:01:48.21 ID:
悠貴「着ていませんし、そんなDVDは発売していませんっ!」

芳乃「なにゆえ、なにゆえでして!!」

悠貴「その反応がなにゆえです」

芳乃「鹿児島よりはるばるこの地まで参ったうえにこの仕打ちとはあんまりでして……あんまりでして……!」

悠貴「血涙」

芳乃「まあ嘘なのですがー」

悠貴「何故そんな嘘を!!」


3:2016/11/27(日) 00:02:20.08 ID:
芳乃「ゆりえいぎょうなるものをやってみたのですがー、どうでしてー?」

悠貴「ゆ、ゆり……? あ、もしかしてお花の百合ですか? でも百合営業ってなんだろう」

芳乃「わたくしもよくわかりませぬが女子が親しく思う女子に下世話な欲望をぶつけるものと伺っていましてー」

悠貴「へぇ……あ、だからマイクロビキニがどうって言ってたんですねっ」

芳乃「そういうわけでしてー。下世話な欲望の参考にあの方が以前ついーとしていた言葉を使ってみたのですー」

悠貴「何呟いてるんですかプロデューサーさん」


4:2016/11/27(日) 00:02:51.75 ID:
悠貴「というか芳乃さん、ツイッターしていたんですね」

芳乃「いわゆるろむせんというやつでしてー。世間を知るための情報収集手段として教えてもらったのですー」

悠貴「あ、ということは自分から発信することはないんですね」

芳乃「残念ながら読む以外のやりかたがわからないのでー。しかし皆の呟きを見ているだけでもわたくしは十分に満足なのでしてー」

悠貴(ほっこりするなぁ)


5:2016/11/27(日) 00:03:17.86 ID:
芳乃「悠貴はやっていないのですかー?」

悠貴「私にはまだ早いって、プロデューサーさんに止められていまして。それに、そこまでやりたいってわけでもないですしっ」

芳乃「ふむー、たしかにー、あのようなものは不用意な発言には気を付けねばなりませんでしてー。あの方が心配をして止めるのもわからなくはないですねー」

悠貴「そうですね」


6:2016/11/27(日) 00:04:08.93 ID:
悠貴「ところで芳乃さん、どうして急に百合営業? というものをしようと思ったんですか?」

芳乃「ちひろ殿に頼まれましてー。とにかく悠貴とゆりゆりしてほしい、とー」

悠貴「ちひろさんが、ですか」

悠貴(だからさっきからカメラをこっちに向けていたのかな……)


7:2016/11/27(日) 00:04:36.86 ID:
ちひろ「今度の限定SRのイラストに芳乃ちゃんと悠貴ちゃんの百合っているところを使えばきっと全国のプロデューサーさんたちも喜んでくれますね! 確率は1.5%ですが、愛さえあればそんなものは関係ないです! ちひひっ♪」

ちひろ「第10弾CDにも選ばれた二人ですからね、今が一番の売り時です! 需要と供給、ニーズ、それらが満たされたタイミングというものが大事なんです!」

ちひろ「まあ、無理に回せとは言いませんよ。プロデューサーさんたちの良心に従って無理なく回してくださいね?」

ちひろ「SRは引けてもCDは買えませんでした、では意味がありません。SRを引いてCDも保存用使用用布教用と買うのが一番ですよ!」

悠貴(ちひろさん、誰に喋りかけてるんだろう……?)

芳乃「見てはいけないのでしてー」

悠貴「あ、はい」


8:2016/11/27(日) 00:05:04.74 ID:
悠貴「でも百合、って言われても難しいですよね……どうすればいいんでしょう?」

芳乃「マイクロビキニを着たらよいのではー?」

悠貴「それはプロデューサーさんの欲望ですから……いや、そうでなくても違うと思いますし」

芳乃「ほー。ではー、どのようにすればよいでしょうー?」

悠貴「ええっと……要するに女の子が女の子を好きになる、みたいなことなんですよね? 百合というのは」

芳乃「解釈を変えればそうなるかとー」

悠貴「うーん……」


9:2016/11/27(日) 00:05:36.79 ID:
悠貴「あ、そうだっ。ここはアイドル事務所ですし、女の子がいっぱいいますから参考になりそうな人たちを観察してみるのはどうでしょうか?」

芳乃「なるほどー。それは良き案かとー」

悠貴「そうですよねっ!」

芳乃「それではー、事務所を歩き回ってみるとしましょうかー」

悠貴「はい! 芳乃さん、早速調査へ向かいましょうっ」

芳乃「かしこまりましてー」


10:2016/11/27(日) 00:06:09.36 ID:
ーーー女子寮

悠貴「やってきました、女子寮です。やっぱりアイドルが集まる場所と言えば事務所かここかですよね」

芳乃「そのようでー多様のかしましい気を感じるのでしてー」

悠貴「それにしても、女の子を好きそうな女の子……っているんですかね?」

芳乃「真に女子を好いているのではなくー、仲良き振る舞いをしているものでもよいのではないでしょうかー?」

悠貴「なるほどっ。仲良しな人たちを参考にすればいいんですね」


11:2016/11/27(日) 00:07:46.85 ID:
「あれ……乙倉さんに依田さん、何をしているんですか?」

悠貴「あ、橘さん。こんにちはっ。百合営業研究をしているところです」

ありす「はい?」

悠貴「ちひろさんに芳乃さんとの百合営業を頼まれたんですが、なかなか難しくてっ。女子寮で参考になりそうなヒトたちを探しているんです」

ありす「はあ……まあちひろさんなら仕方ないですね。しかし百合営業ですか。最近の流行とはいえ、あまり迎合すべきものではないと思いますね」

芳乃「ほー。なにゆえでしてー?」

ありす「やはり私たちはアイドルなのですから、そうしたその場しのぎでの見せかけのものではなく、歌、踊り、パフォーマンスでファンを魅せてこそだと思うんです」


12:2016/11/27(日) 00:08:18.20 ID:
芳乃「なるほどー、確かに一理ありましてー。ありすは立派な考え方をしているのですねー」

ありす「橘です。そういうわけですから無理して百合営業なんてしなくてもいいのではないでしょうか?」

悠貴「ううん、確かにそのとおりかもしれません。ただ営業とかそういうのとは関係なく、アイドル同士で仲良しになるのはいいことだと思いますっ」

ありす「それは……まあ、そうですね。私も文香さんとはもっと仲良くなりたいですし。私も文香さんの着替えをしてあげたり、料理を食べさせてあげたり、膝枕してあげたりしたいですから」

悠貴(……何か違うような?)


13:2016/11/27(日) 00:08:54.73 ID:
芳乃「ありすの意見はなかなかよきものだったのでしてー」

悠貴「橘さん、私より年下なのにしっかりしていて偉いなって思いますっ」

芳乃「悠貴もー、わたくしよりも3つも下だというのにしっかりしていると思いましてー」

悠貴「そうですかっ? えへへ、そう思ってもらえるなら嬉しいです!」

芳乃(かわいらしいのでして)

悠貴「それでは引き続き女子寮を探索しましょうっ」

芳乃「まいりましてー」


14:2016/11/27(日) 00:09:22.41 ID:
「すげえよ梨沙は……ファザコンで、生意気でワガママでもある。初めてのマイクロビキニでも簡単にこなすし、今度はフリフリ衣装まで」

「着てないわよマイクロビキニ」

「その梨沙の目がオレに聞いてくるんだ。次はどうする、何をやればいい。次はどんな変態ロリコンどもをわくわくさせればいいんだ、ってな」

「そんなこと思ったことないんだけど」

「あの目は裏切れねえ。あの目に映るオレはいつだって最高に粋がってかっこいい結城晴じゃなきゃいけねえんだ」

「バカなの?」

悠貴(あ、晴さんと梨沙さんだ。相変わらず仲が良さそうだなぁ)


15:2016/11/27(日) 00:09:49.48 ID:
梨沙「というかなに? 見たいの? アタシのマイクロビキニ」

晴「いや、Pの野郎が喜びそうだなって」

梨沙「確かに。……あらためて変態オトナよね、アイツ」

晴「あと個人的に梨沙が変態ロリコンどもをわくわくさせてくれればオレは正統派な仕事にいけると思ってな」

梨沙「え、ひどくない?」


16:2016/11/27(日) 00:10:32.74 ID:
晴「オレだってもっとカッコいい仕事してーんだよ」

梨沙「だからってアタシを犠牲にしていいと思ってるわけ!?」

晴「じゅよーときょーきゅーが合ってるんだからいいだろ?」

梨沙「供給側の意思は合ってないの!」


17:2016/11/27(日) 00:11:00.73 ID:
晴「いいじゃんかよー。どうせいつもヘソとか出してるんだからマイクロビキニでもたいして変わんないだろ?」

梨沙「確かに露出過多なのは認めるけどさすがにマイクロビキニはないわよこのバカ!!」

晴「は!? 誰がバカだよ!」

梨沙「アンタに決まってるでしょー!」

晴「お、喧嘩か? 喧嘩か?」

梨沙「やってやろーじゃない!!」

ギャーギャー
コノヤローナイムネモムゾ!
ハ!?ナラアタシハコノキタエラレテソウナアシヲナデマワシテヤルワ‼

悠貴(喧嘩するほど仲がいい! こういうのもアリなのかも?)

芳乃(なにやら幼子の児戯にしては淫靡に見える気もしますがー)


18:2016/11/27(日) 00:11:28.66 ID:
悠貴「芳乃さん、早速お二人を参考にしてやってみますかっ?」

芳乃「……あれを、ですかー。ではわたくしが悠貴の胸を揉めばよろしくてー?」

悠貴「著しく噛み合ってませんっ!!」

芳乃「それは少し残念でー」

悠貴「そうなんですかっ!? 私のなんてそんなたいしたものではっ」

芳乃「ふふ、冗談でしてー」


19:2016/11/27(日) 00:12:03.81 ID:
悠貴「でもいざやってみようと思っても芳乃さんと喧嘩って想像つきませんね」

芳乃「悠貴は穏やかな子ゆえー、いさかいが起こるようなこともないでしょー」

悠貴「芳乃さんが怒っているところも想像できませんねっ」

芳乃「さあ、それはどうでしょうー?」


20:2016/11/27(日) 00:12:30.88 ID:
悠貴「さて、それではもう少しだけ観察して、事務所に戻りますか?」

芳乃「そうしましょうー」

悠貴「ちひろさんが待っていますからなるべく早く何かを掴みましょうっ!」

芳乃(悠貴はよい子なのでしてー)


21:2016/11/27(日) 00:12:58.03 ID:
「みほちー! あーちゃんと二人きりで出掛けることになったんだけどどうしたらいいかな!?」

美穂「わざわざ女子寮までやってきて聞くことなのかな、それ……というか、未央ちゃんはどうして私に聞きにきたの?」

未央「しまむーは天然だし、しぶりんはことこういうことに関しては価値観がぶっ飛んでいるし、茜ちんはボンバーしちゃいそうだし、みほちーならまともな意見くれそうだなーって」

美穂「あはは……だけど頼ってもらえるのは嬉しいけれど、私もそんなに当てにはならないと思うんだけどなぁ」

未央「でもみほちーって女の子にモテモテだから当てになると思うんだ」

美穂「記憶にないよ」


22:2016/11/27(日) 00:13:28.00 ID:
「まったく未央さん。最近何かと美穂さんに頼ってませんか? 美穂さんだって暇ではないんですよ、カワイイボクとこれからカワイイ神経衰弱をする予定なんです」

未央「なるほど、それはつまり暇ってことじゃないかなさっちー!」

幸子「いえ、忙しいんです」

未央「暇ってことじゃないかな!」

幸子「……はぁ。こういうところではちゃんとPaなんですね……藍子さんに関してはドヘタレなのに」

未央「やかましいよ!!」


23:2016/11/27(日) 00:13:55.05 ID:
悠貴(美穂さんに幸子さん、それから未央さんの三人か……なんだかあまり見かけない、珍しい組み合わせだなぁ)

芳乃(未央さんは誰とでも仲良くできるゆえー、珍しくはあれどもそれを不思議だとは感じないのでしてー)

悠貴(確かにそうですねっ。それに美穂さんも交流が広いですからね)

芳乃(あの方曰く、みほさちは最高なのでしてー)

悠貴(みほさち……?)


24:2016/11/27(日) 00:14:22.43 ID:
未央「お願いみほちー! あーちゃんと二人きり、どこに行けばいいかな?」

美穂「うーん、藍子ちゃんはどこか行きたいところとか言ってなかった?」

未央「それが、あーちゃんには今回[未央ちゃんのエスコートにお任せします]って言われちゃってて……」

美穂「なるほど……そうだなあ、幸子ちゃんはどう思う?」

幸子「相手はあの藍子さんでしょう? 良識に従った常識的な場所であれば大体どこに連れて行っても喜んで楽しんでくれると思いますが」

美穂「やっぱりそうだよね。私も、藍子ちゃんなら未央ちゃんと一緒ならどこだとしても楽しんでくれると思うな」


25:2016/11/27(日) 00:14:50.51 ID:
幸子「ちなみにボクも美穂さんと一緒ならどこでも楽しいですよ?」

美穂「ふふ、ありがとう。私もお友達のみんなと一緒ならどこだって楽しいよ」

幸子「美穂さんマジ天使です。もちろんボクも天から舞い降りたようにカワイイですけれど、美穂さんも同じくらいに天使です! 聖天使ミホリールです!」

美穂「リールどこからきたの?」

未央(白スク着てそう)


26:2016/11/27(日) 00:15:21.65 ID:
未央「んー、まあね。あーちゃん優しいからどこでもいいって言ってくれるとは思うんだけど、どうせだったら本当に喜ぶところにエスコートしたいじゃん?」

幸子「はあ、面倒くさい人ですね……」

未央「おっと心は硝子だぞ?」

美穂「まあまあ幸子ちゃん、未央ちゃんが色々考えすぎるのは今に始まったことじゃないから……」

幸子「確かに、面倒くさいヘタレだというのはわかってることでしたね」

未央「そろそろ泣くぞ!?」

モウミオサンノヘヤデミツボシパッテハジケテトビノッテリューセーシチャエバイイノデハナイデスカ?
サッチーワタシノウタヲインゴミタイニアツカウノヤメヨ?
フタリハナンノハナシシテルンダロウ……?

ーーー
ーー


27:2016/11/27(日) 00:15:52.14 ID:
悠貴「会話が終わりそうにないので途中で観察をやめましたけど……三人コントを見てるみたいでしたね」

芳乃「流暢な掛け合いというのもあの三名が仲良きことがよくわかる光景でしてー。良いことかとー」

悠貴「確かにそうですね。そう考えるとああいう漫才めいた掛け合いもありかもしれませんっ」

芳乃「漫才コンビ、おとより結成でしてー?」

悠貴「えっと……な、なんでやねんっ!」


28:2016/11/27(日) 00:16:22.28 ID:
ーーー事務所

悠貴(結局、百合ってなんなんでしょう? よくわかりません)

芳乃「悠貴ー? どうしましてー?」

悠貴「あ、いえ、百合ってどうすればいいか、結局よくわからなかったなあと思いまして……」

芳乃「ふむー……どうするか、というものではないのかもしれませんねー」

悠貴「どうするか、じゃないですか?」


29:2016/11/27(日) 00:16:48.81 ID:
芳乃「でしてー。それぞれにそれぞれの有り様があり、それぞれの関係性、そこから空想される空気感、それこそがゆりなるものなのかもしれませんー」

悠貴「はあ……えっと、つまりどういうことなんでしょう?」

芳乃「考えるな、感じるままに行動しろでしてー」

悠貴「なるほど。ところで芳乃さんっ」

芳乃「はいー?」


30:2016/11/27(日) 00:17:14.99 ID:
悠貴「ソロCD発売決定おめでとうございますっ」

芳乃「ふふ、悠貴もでしてー」

おわり


31:2016/11/27(日) 00:17:42.51 ID:
以上です。

乙倉ちゃんはジュニアモデルです。ぴちレ○ン的な普通のお洋服雑誌などでモデルをやっていたんでしょうね。間違ってもマイクロビキニなんて着ていません

それでは


32:2016/11/27(日) 00:32:07.07 ID:
乙やで

33:2016/11/27(日) 00:36:52.65 ID:

おのれ、ちっひ姑息な手を……(ガチャガチャ
あと、ミホリール超見てえ

34:2016/11/27(日) 00:59:18.60 ID:
乙くらちゃん!

マイクロビキニ着せられるのはジュニアモデルじゃなくてジュニアアイドルだしね


35:2016/11/27(日) 04:28:21.03 ID:
ミホリールに俺のアモーレ(意味深)を浴びせたい

36:2016/11/27(日) 08:20:31.36 ID:
敵役は幸子でおK

37:2016/11/27(日) 09:31:23.74 ID:

この世界線の晴は前髪が面白い感じになってそうだな…

38:2016/11/27(日) 09:43:37.08 ID:
褐色白髪でマッチョなちゃんみお

39:2016/11/27(日) 15:07:01.24 ID: