【FGO】沖田「名前で呼んでください。マスター」

6cc4e5c2.jpg

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:06:41.37 ID:FuOx7eTN0
沖田「もっと速く、もっと鋭く!」キィンキィンキィンキィン! 

カエサル「ぬうっ! 予想よりもよっぽど速いではないか……!」キィンキィン! 

小次郎「二人がかりで押されるか……!」キィンキィン! 

カエサル「面倒だが、見せてやろう! 我が黄の死を!」 

沖田「遅いッ!」ズバァッ! 

カエサル「なんとぉーっ!?」バタリ 

ハサン「……シャアッ!」シュバッ! 

沖田「飛び道具などと!」ガキィン!グサァ! 

ハサン「ば……馬鹿なッ!?」 

沖田「不意打ち上等。私もよくやっていましたし。ですが、少々私の力量を見誤ったようですね」 

小次郎「背後からの完璧な不意打ち投擲に見えたがな。短刀を弾き返して、持ち主に突き刺してやるとは中々やる」チャキッ 

沖田「乱闘もよくやっていましたから」チャキッ

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1448802401

2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:07:42.34 ID:FuOx7eTN0
小次郎「……」 

沖田「……」 

小次郎「石火春雷……一刀にて証を示す」 

沖田「我が秘剣の煌めき、受けるが良い!」 

小次郎「燕返し!」 

沖田「無明三段突、きぃ!?」 

沖田「こはァッ!?」 

小次郎「……ふーむ。病弱とは存外に厄介なスキルよな。沖田殿が万全ならばこうも一方的には勝てなかっただろうて」 

ぐだお「おーい小次郎、沖田いる?」 

小次郎「おう、主殿。ほれ、人斬り殿ならそこに」 

ぐだお「お前も似た様なものだろ?」 

小次郎「某はただの農民でござるよ?」 

ぐだお「お前のような農民がいてたまるか」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:08:41.54 ID:FuOx7eTN0
沖田「マ、マスター……申し訳ありませんが、沖田さんは……もう駄目です……どうか、ご武運、をぉ」 

ぐだお「金平糖食べる?」 

沖田「えっ金平糖!? いただきます! はむっはむっ」 

沖田「う~ん、弱った体に糖分が染みわたりますねぇ」 

ぐだお「元気じゃないか」 

沖田「まぁ、飽くまで四六時中いかなる時も吐血し行動不能になる可能性があるというだけのスキルですので」 

ぐだお「なんてめんどくさいスキルなんだ……」 

沖田「そっそんなこと言わないでくださいよー! これが無かったらもっと人を斬って回っていた訳ですから、バーサーカーにされていてもおかしくないんですよ!? ガーとかダーとか反逆だーとかデュフフーしか言えないなんて、そんなのやだー!」 

カエサル「最後のバーサーカーか?」 

小次郎「まぁ、例の男であろうな」 

ハサン「あれはどうにも苦手だ……」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:09:47.52 ID:FuOx7eTN0
ぐだお「バーサーカーの沖田かぁ……想像できないなぁ」 

沖田「でしょう!? ですよね!? 病弱は本当に本当に本当に本当に不本意ながら私とは切り離すことのできない要素なのです。マスターも是非受け入れてください」 

ぐだお「何だ、どうしたんだ。そんなに病弱にポジティブだったっけ?」 

沖田「聖杯でも治らないと聞いて沖田さん多少開き直れるようになりました……」 

ぐだお「難儀な体だなぁ……」 

沖田「そうです。難儀な身をしているのです。めんどくさいとか言わないでください」 

ぐだお「ご、ごめん」 

沖田「沖田さんはおこです。マスター、お詫びする気持ちがあるのならお茶に付き合って下さい」 

ぐだお「それぐらいで許してくれるなら。安いもんだな」 

ハサン「そもそも黒髭は汚れに鈍感すぎる。あの男が暫くコレクションとやらを貯蔵していた部屋は酷い物であった……おや? 魔術師殿は?」 

小次郎「まーた主殿が女に連れていかれたのか」 

カエサル「実にいつものことだな」 

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:10:29.15 ID:FuOx7eTN0
沖田「え? マスターがお茶を用意してくれるのですか?」 

ぐだお「ああ。この間信長に教えてもらったんだ。お茶のたて方って言うのかな?」 

沖田「信長、ですか」 

ぐだお「そう、アーチャー。最近、褒美じゃーって言ってしょっちゅうお茶に付き合わされる」 

沖田「二人で?」 

ぐだお「二人で。あいつも難儀な性格してるからなぁ。サーヴァントに友達いないみたいだ。それこそ沖田ぐらいじゃないか」 

沖田「沖田、ですか……」ボソ 

ぐだお「ん? どうした?」 

沖田「……いえ、何も。私と彼女は友達というか……近いのは宿敵だと思うんですけどね」 

ぐだお「あんなに仲良さそうにしてるのに?」 

沖田「ぐだお(漫画)はノーカン」 

ぐだお「えぇ……(困惑)」 

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:14:42.62 ID:FuOx7eTN0
沖田「そう言えば私、長年むさい空間で仕事していたので茶道の作法なんて一切存じないのですが」 

ぐだお「大丈夫、俺もよく知らないから。習ったのは抹茶のたて方だけだし。なんかこう……ちょっと背筋ピンとして飲めばそれでいいんじゃない? 今回は」 

沖田「それでいいのならば……いただきます」 

沖田「……美味しいですね。抹茶って。味も、香りも。こちらのお団子は?」 

ぐだお「作ってみた。ちょっと前に団子で一悶着あって、死ぬほど食べて……ハマっちゃってさ。とは言え皆、あの時に死ぬほど食ってるから作っても食べてくれないだろうし。でも沖田はあの時いなかったし、団子好きって言ってたし。よかったら食べてみてくれないか」 

沖田「マシュさん辺りは喜んで食べそうですけど……」 

ぐだお「そうかなぁ。マシュもあの時凄い量食べたからなぁ。飽きてると思うんだけど」 

沖田「と、いうことは、このマスターのお団子を食べるのは私が初めてですか?」 

ぐだお「ああ。そうなるな」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:15:43.46 ID:FuOx7eTN0
沖田「抹茶といい、毒見ですかぁ?」 

ぐだお「ちげーよ! 確かに自信がある訳じゃないけど、不味くはない……ハズだから!」 

沖田「冗談です。はむっ」 

ぐだお「あっちょっとそんな突然食べられたらこっちも心の準備が」 

沖田「もぐもぐ……美味しいです。ありがとうございます、マスター。ふふっ」 

ぐだお「……そっか。それならよかった」 

沖田「ふふっ。もぐもぐ、うふふっ」 

ぐだお「そんなに美味い?」 

沖田「いえそこまで」 

ぐだお「うえぇ!? めっちゃ笑ってるのに!?」 

沖田「笑うほど美味しくはありませんよ。自惚れないでください」 

ぐだお「ご、ごめんなさい……」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:21:48.41 ID:FuOx7eTN0
沖田「ですが……マスターが私にお団子を作ってくれたという事実が、マスターが作ったお団子を初めて食べたのが私だと言う事実が、何だか嬉しいですね」 

ぐだお「……何か照れるな」 

沖田「ではもう少し照れてください。私、こう見えてもマスターにはとても感謝しています。マスターは私のようなただの人斬り風情にもとても良くしてくださりますから」 

ぐだお「ただの人斬りだなんて」 

沖田「ありますよ。他の人は王様や魔法使い、言い方はよくありませんが、伝説の怪物も……私なんて100年ちょっと前に人をバッサリバッサリしていただけですから。魔法なんて存在しないと思っていましたし、人生ノーファンタジーでフィニッシュです。現代日本で言えば私ただの京都県警ですよ?」 

ぐだお「うーん……まぁ、そうなる、のか」 

沖田「えぇ。にも関わらず、マスターは私を彼ら彼女らと同格の英霊として扱ってくれる。これは私の剣技に対する最上級の賛美に他なりません。ならば私は、この儚き身が尽きるまで……いえ、身が尽きたならば冥府の果てでもお供して、マスターのサーヴァントとして、敵を斬ってみせましょう」 

ぐだお「……ありがとう、沖田。そこでもやっぱり斬るなんだな」 

沖田「それしか知らぬ身です故に……本音ついでに、もう1つ」 

ぐだお「何だ?」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:22:22.38 ID:FuOx7eTN0
沖田「御用です」ズイッ 
沖田「改めです」ズイッ 
沖田「御用改めであります」ズズイッ 

ぐだお「ち、近いな……」 

沖田「取り調べですから。さぁ近いですが目を逸らさないでこっちを見てください」グワシ 

ぐだお「お、おう。頭を掴むな。だけど俺はそんな改められるようなことしてないよ」 

沖田「確かに罪ではないかもしれませんが、大事なことです」 

ぐだお「……分かった。なんだ?」 

沖田「何故、沖田なのですか?」 

ぐだお「え?」 

沖田「だって他の人は名前で呼んでいるではありませんか。金時、小次郎、弁慶……それから信長」 

ぐだお「何でって……何でだろうな。特に理由はないと思うけど」 

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:28:44.78 ID:FuOx7eTN0
沖田「では是非、総司とお呼びください、マスター。私も生前からそちらの方が慣れていますし、アーチャーが名前で呼ばれているのに私だけ苗字と言うのはいささか寂しいものがあります」 

ぐだお「な、名前で……か」 

沖田「……やはり私のような人斬り、距離を置きたいのでしょうか?」 

ぐだお「そんなこと」 

沖田「所詮人斬り。自分がやって来たことを間違いだとは思いませんが、返り血が無性に重く熱く感じることはある。歴史に名を残るようなことまでしたつもりもありませんし……」 

ぐだお「……でも、新撰組は京都と日本の平和の為に戦ったんだろう? その理由は、他の連中に負けたりしないよ」 

沖田「そうでしょうか」 

ぐだお「そうさ。さっきはその、何ていうか、こう……いざ意識すると恥ずかしくなっちゃってさ。苗字で呼んでいたのも、沖田総司の他に沖田さんを知らないからじゃないかな、多分。佐々木さんとか織田さんとかは割とよく見るけど。友達にもいたよ、佐々木」 

沖田「くすっ……ありがとうございます」 

ぐだお「それと……照れてるんだよ。沖田総司がこんなに可愛らしい女の子なんて思ってなかったし……」 

沖田「可愛い? 私が?」 

ぐだお「えっ? ああ。可愛いだろ」 

沖田「えっ、あれ、そんな、それは、その……ありがとう、ございます……」カオマッカ 

ぐだお(かわいい) 

沖田「しかし……では、アーチャーは? 彼女も男性として伝わっていると思いますが」 

ぐだお「女性織田信長はしょっちゅう見てたから」 

沖田「えっ」 

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:31:36.83 ID:FuOx7eTN0
沖田「では……改めまして、マスター。名前で呼んでください。総司と。そう呼んで、頂きたいのです。貴方に」 

ぐだお「……総司」 

沖田「……はい」 

ぐだお「総司」 

沖田「はい!」 

ぐだお「……こんな感じで、いいのかな」 

沖田「はい。沖田さん満足です。これからはそれでよろしくお願いします……思えば、肉親と新撰組以外では初めてかもしれません。名前で呼ばせるのは」 

ぐだお「そうなのか、意外だな。何かこう……いい感じの人とかいなかったのか?」 

沖田「色恋ですかぁ。私はそういうのに疎いみたいでして。剣を振るって、美味しい物食べられればそれで十分でしたし。しかし、まぁ……私、マスターといると安心します。胸が高鳴ると申しますか……こんな事は生前一度もありませんでした。初めはまた熱でも出て来たのかと思いましたが……今ならその意味、分かるかもしれません」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:35:20.11 ID:FuOx7eTN0
ぐだお「……総司、それって」 

沖田「なんて。どうですマスター? ドキドキしました? ねぇねぇどうですか!?」 

ぐだお「なっコノヤローからかいやがったな!」 

沖田「えっへっへ。土方さんはそういうの大好きみたいでしたけどね。というかヤリ過ぎでしたけど」 

ぐだお「マジか……」 

沖田「あの人、自分宛ての恋文を大量に故郷に送りつけて自慢するクソ野郎ですよ」 

ぐだお「やめて!それ以上俺の中の土方を壊さないで!」 

沖田「まぁ土方さんの事はどうでもいいんです」 

ぐだお「沖、じゃない総司が振って来たんだろ……」 

沖田「今ここにいるのは土方さんでも近藤さんでもなく、私とマスターですから。それに、アレが嘘とは私一言も言っていませんよ?」 

ぐだお「えっ?」 

沖田「ふふ。マスター、これからも末長く、よろしくお願い致します」 

ぐだお「こ……こちらこそ。よろしくお願い致します」 

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:37:47.02 ID:FuOx7eTN0
沖田「速攻で片を付けますッ!」 

ぐだお「頼むぞ、総司!」 

沖田「沖田さん大勝利ー! えぇ体は大丈夫です、まだまだいけますよこふッ!?」パタリ 

ぐだお「総司ー!?」 

沖田「私はまだ……戦えます……!」 

ぐだお「うん、どうせ死なないのは知ってる。少し休もうか。おやつのお団子もってきてるよ」 

沖田「えっマスターのお団子ですか!? やったー!」ムクリ 

ぐだお「元気じゃねぇか」 

小次郎「まーた主殿が女子とねんごろになったのか」 

カエサル「実に実にいつものことだな」 

ハサン「誰にでも分け隔てなく優しくあるだけであるから(震え声)」 

信長「ふむぅ……どうにもこうにも面白くないのぅ」ムスー 

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/11/29(日) 22:50:46.51 ID:TSQLgUD3o
でもやっぱりおき太くんはおき太くんだよなぁ…
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/29(日) 22:56:06.77 ID:FuOx7eTN0
おわりです 
読んでくださった方がおられましたらありがとうございます 

イベント特攻の礼装かあわよくば沖田が欲しくてガチャを40回ほど回しましたがfateぐだぐだオーダー1枚しか出なかったので悲しいです 
悲しみを乗り越えられたらノッブメインで続くかもしれません 

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/11/29(日) 23:05:12.58 ID:I29Awklxo
乙です 
ぼくは20連で沖田でました(自慢)
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/11/29(日) 23:05:43.63 ID:HAEUPrvOo
乙、土方とかも女になってそう 
なお近藤はゴリラ化
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/11/29(日) 23:12:48.48 ID:fXZfEBTYo
 
沖田とノッブ興味沸いてきたから帝都なんたら単行本化はよ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/11/29(日) 23:13:01.43 ID:mjmLG9Sc0
50連ですまないさんが2枚来ました。なお
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/11/29(日) 23:28:09.89 ID:iutI7xxIo
呼符ッ 
21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/11/29(日) 23:41:07.72 ID:IdUZWAnIo
 
土方さんの宝具はヘブンズドアーか
22 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2015/11/29(日) 23:54:46.70 ID:/YkGXMPl0
キャスター土方歳三を見たダヴィンチちゃんが一言
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/11/30(月) 04:49:00.88 ID:ZHLnYoXlO
乙。小次郎生きとったんかワレェ。
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 08:05:11.71 ID:F8v9Qs45O
記事元:ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448802401/