【モバマス】モバP「杏が泣き出した!?」

81b909b0.jpg
1  ◆mTQtXPIEW. [sage saga]:2014/05/02(金) 01:42:06.83 ID:b2ZVk4+ko
モバP(以下P)「な、なんで…」 

ちひろ『わからないんですっ! さっき事務所に来たと思ったら、周りをキョロキョロと見渡した後に、急に泣き始めて…』 

P(もしかして…働かせすぎて、事務所に来たことに拒絶反応を…!?) 

P「す、すぐ戻ります!」 

ちひろ『はやくはやく!』

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1398962526

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/05/02(金) 01:44:26.75 ID:84kHGyo90

ルキトレさんのと同時進行か 
すごいな
3 : ◆mTQtXPIEW. [sage saga]:2014/05/02(金) 01:44:39.00 ID:b2ZVk4+ko
~事務所~ 

ガチャッ 

P「杏ぅーっ!! どこだーっ!! どうしたーっ!!」 

ちひろ「あっ、プロデューサーさん!」 

P「ちひろさん! あ、杏はどこに!?」 

ちひろ「はいっ! 杏ちゃんなら、そこのソファに」 

杏「プロデューサー!」タタタッダキッ 

P「へ?」 

ちひろ「ん?」 

杏「プロデューサープロデューサーぁ!」スリスリ 

P「ドウイウコト」 

ちひろ「ナニコレ」

4 : ◆mTQtXPIEW. [sage saga]:2014/05/02(金) 01:46:52.07 ID:b2ZVk4+ko
杏「あぁプロデューサーだぁ! 杏の…杏のプロデューサーだぁ…!」スリスリ 

P「あ、杏さん? ど、どうしたんだ?」 

杏「プロデューサープロデューサーぁ…!」スリスリ 

P「お、おーい」 

ちひろ「どうやら聞こえてませんね」 

P「なぜ…」 

杏「~♪」スリスリ

5 : ◆mTQtXPIEW. [sage saga]:2014/05/02(金) 01:47:45.09 ID:b2ZVk4+ko
今更だけど若干のキャラ崩壊あるかも
6 : ◆mTQtXPIEW. [sage saga]:2014/05/02(金) 01:56:23.13 ID:b2ZVk4+ko
~10分後~ 

杏「ふんふふ~ん♪ プロデューサーぁ♪」スリスリ 

P(かれこれ杏に抱きつかれてから10分が経った。ソファに移動して座ることができたものの、まだ杏から返事は返ってこない) 

P「杏さん杏さん。どうかお返事してください」 

杏「~♪」スリスリ 

P「……」 

ちひろ「プロデューサーさーん……って、まだその状態なんですか?」 

P「いやほんと、どうしたんですかね杏は…。もしかして、最近仕事たくさん入れすぎたせいで…俺のせいで…」 

ちひろ「だ、大丈夫ですよ! 杏ちゃんは強い子です!」 

P「………そう、です…よね…」ナデナデ 

杏「~♪」スリスリ

7 : ◆mTQtXPIEW. [sage saga]:2014/05/02(金) 02:01:12.10 ID:b2ZVk4+ko
~それから20分後~ 

P「うぅむ、この日はありすの送り迎えがあって難しいですね」 

ちひろ「そうですか…あっ、でもここらへんのスケジュールを少しいじったら…!」 

P「ちひろさん、あなたは俺を過労死させたいんですか」 

ちひろ「い、いえっ! そういうわけじゃ…!」 

ちひろ(みんなの要望聞いてたらなかなか決まらないなぁ…はぁ) 

杏「~♪ ……ん? あれ? プロデューサー? どうして杏の目の前にいるの?」 

P・ちひろ「!?」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/05/02(金) 02:05:50.30 ID:919t9M0Q0
志希にゃん薬かな
9 : ◆mTQtXPIEW. [sage saga]:2014/05/03(土) 00:36:06.00 ID:qo/K0o+Qo
杏「あれ? ここって事務所?」 

P「どうしたんでしょう、杏」ヒソヒソ 

ちひろ「記憶が飛んでるようですね」ヒソヒソ 

杏「ねぇ、プロデューサー」 

P「な、なんだ?」 

杏「杏、今まで何してたっけ?」 

P「な、何って…」チラッ 

ちひろ(私は知りませんよー)フイッ 

P「……あ、あぁそうそう。杏は寝てたんだよ、うん。ね? ちひろさん!」 

ちひろ「えっ? あっ、はいっ! 事務所に来るなりパタンッてソファに倒れ込んで!」 

杏「…あー、そうだっけ。うーん、まぁ二人がそう言うならそうなんだろうね…うん。それじゃ、解決したところで杏はまた眠りにつくよ」 

P「あ、あぁ。おやす…っておい! お前は今からレッスンだ! さぁ行くぞ!」 

杏「うわぁぁっ! 杏は寝るんだぁぁぁ!」

10 : ◆mTQtXPIEW. [sage saga]:2014/05/03(土) 00:45:56.42 ID:qo/K0o+Qo
P「…ふぅ。ただ今戻りました」 

ちひろ「おかえりなさいプロデューサーさん! …ところで、どうしてさっき、杏ちゃんに嘘を?」 

P「無意識の内に、自分の体が異性にべったりだったって、嫌じゃないですか」 

ちひろ「えっ、ま、まぁ」 

P「杏はそこらへん気にしないかもしれませんが、一応」 

ちひろ「そ、そうでしたか」 

P「はい。…しかし、本当になんだったんでしょうね、さっきの杏は」 

ちひろ「杏ちゃん、可愛かったですね」 

P「はい! …いや、そういうことじゃなくですね」 

ちひろ「ふふっ、わかってますよ。確かにあれは異常でした」 

P「それともう一つ。あいつ、さっき俺があげた以外の飴を持っていたんですよ」 

ちひろ「えっ? それは、杏ちゃんが自分で買っただけじゃないんですか?」 

P「いえ、何故かは知りませんが、あいつ、自分では買わずに俺からもらう飴を待ってるんですよね、いつも」 

ちひろ「そ、それは…」

11 : ◆mTQtXPIEW. [age saga]:2014/05/03(土) 01:17:25.58 ID:qo/K0o+Qo
ちひろ「あっ、そうだ! 他の誰かから貰ったとかじゃないですか?」 

P「他の誰か? うーん、杏に飴をあげる物好きなやつかぁ…」 

ちひろ「物好きって…ん? プロデューサーさん、杏ちゃんが持っていたのはどんな飴でした?」 

P「どんなのって…袋に包まれたどこにでもある飴でしたよ。そういえば、聞いたことのないメーカーのだったなぁ。『I.S』って袋に表記されてたけど」 

ちひろ「『I.S』…あっ。プロデューサーさん、私、少し電話かけてきます」 

P「えっ、ちひろさん? 誰に…って、行っちゃったよ」

12 : ◆mTQtXPIEW. [age saga]:2014/05/03(土) 01:20:33.82 ID:qo/K0o+Qo
ちひろ「プロデューサーさん! わかりましたよ!」 

P「もしかして飴の正体ですか?」 

ちひろ「はいっ! 私の思った通りでした!」 

P「そ、それで、一体その飴は…?」 

ちひろ「杏ちゃんが持っていた飴、私知ってたんです。あれ、志希ちゃんが作ったやつですよ!」 

P「……へっ?」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/03(土) 01:23:46.41 ID:k7Yxs+cS0
志希にゃんはトラブルメーカーだなぁ。 

みくにゃんのファンやめます。

14 : ◆mTQtXPIEW. [age saga]:2014/05/03(土) 01:25:32.46 ID:qo/K0o+Qo
ちひろ「志希ちゃん曰く、あれは『その時の欲望に忠実になる飴』らしいです!」 

P「……それだったら、その飴は違うんじゃないですか?」 

ちひろ「えっ!? な、なんで」 

P「だってほら、杏の欲望、つまり願いって、『仕事を休む』ことじゃないですか」 

ちひろ「……………」 

P「ど、どうしました?」 

ちひろ「なんでもありません! とにかく! その飴で確かなので! あとはプロデューサーさん自身がなんとかしてくださいね!!」 

P「え、えぇ…わ、わかりました!」

15 : ◆mTQtXPIEW. [age saga]:2014/05/03(土) 01:28:57.57 ID:qo/K0o+Qo
P「しかし…どうすればいいんだろうか…」 

ガチャッ 

杏「…………」 

P「おっ、おかえりー…ってあれ? 杏? お前、まだレッスンは終わってないはず」 

杏「ぷ、プロデューサーぁ♪」タタタッダキッ 

P「」 

杏「プロデューサーだぁ♪ ねぇプロデューサー、杏の頭撫でていいんだよー♪」 

P「マタカヨ」

16 : ◆mTQtXPIEW. [age saga]:2014/05/03(土) 01:34:31.35 ID:qo/K0o+Qo
P「なあ杏。ちょっと離れて……ん?」 

P(杏が手に持ってるこれは…さっきの飴の袋? ま、まじかよ…) 

杏「いやだぁ! 杏は、このままでいるんだぁ!」 

P「これが…杏の願い…?」 

杏「ピクッ……プロデューサーぁ♪ 撫でてよー」 

P「…あぁくそっ! なるようになれ!」ナデナデ 

杏「~♪」

17 : ◆mTQtXPIEW. [age saga]:2014/05/03(土) 01:44:52.43 ID:qo/K0o+Qo
~30分後~ 

P「………」ナデナデ 

杏「~♪ …ん? あれ? プロデューサー? どうして杏の目の前にいるの?」 

P(前と同じことを…) 

P「あぁ、また寝てたんだよ杏は。そんなにレッスン疲れたのか?」 

杏「あーそうかも。もう杏は疲れて動けないよー。ねぇ、杏、帰っていい?」 

P「ダメだ。今寝たんだから少しは休めただろ。ほらっ、レッスンレッスン」 

杏「うあーっ! プロデューサーのバカ!」 

P「バカで結構。はよいけ」 

杏「くそーっ…杏を休ませなかったら罰が下るんだよ!」 

P「おう下れ下れ」 

杏(…また、この飴使って甘えてやるんだから…覚悟しててよね、プロデューサー!) 

P(どうせまた、甘えてくるんだろうし、今のうちに仕事済ませとくか) 

P・杏(たまにはこういうのもいいな(ね)) 

おわり

18 : ◆mTQtXPIEW. [sage saga]:2014/05/03(土) 01:47:13.95 ID:qo/K0o+Qo
杏は一度甘やかしたら依存すると思うの 

html化の依頼出してきました

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/03(土) 01:52:51.34 ID:7xFqfNHF0
乙です。 
記憶あるんかい!
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2014/05/03(土) 01:59:24.56 ID:LXn4qRb70
策士な杏かわいい 

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/03(土) 03:48:23.14 ID:6+FKBw9DO
素晴らしい杏だな。もっと書いて欲しい… 

22 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/05/05(月) 11:29:07.33 ID:A79DOihto
いいssだった、かけ値なしに

記事元:ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398962526/