モバP「マジでストレイトなお嫁」

 
1:2017/02/21(火) 23:48:04.58 ID:
注意
アイドルを嫁にしています
だいたい4年後設定です

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1487688484


2:2017/02/21(火) 23:49:11.24 ID:

事務所

ちひろ「Pさん、次のライブについての資料です」

モバP「ああ、ありがとうございます…ふうっ、仕事が山積みだなあ」

ちひろ「ですね…まあそれだけ、うちも大きくなったってことなんでしょうか?」

モバP「ははっ、そうですね。俺が入った頃よりも一回り大きくなったような」

ちひろ「まあ、事務所はずっと変わってませんけど…」

モバP「…う、うちは量ではなく、質で勝負なんですよ!」

ちひろ「ふふっ、そうですね♪」

モバP「…おっと、そういやもうお昼ですね」

ちひろ「ああ、そういえば…」

モバP「ちょっと休憩しましょうか。さってと…」

トン

ちひろ「お弁当…いいですねえ、愛妻弁当ってやつですか?」

モバP「ははは…そうですね」

ちひろ「うう、羨ましいですね…」

モバP「まあ、ね。うん…えっと、なんていえばいいのかわかりませんが」

ちひろ「その配慮が心に来るんです!」シクシク

モバP「ご、ごめんなさい」

ちひろ「…あの子も、元気にやっていますか?」

モバP「ええ、もちろん…アイドルを辞めてからも、元気にやってますよ」

ちひろ「なら、よかった♪Pさんが苛めてないか、心配だったんですから」

モバP「そ、そんなことするわけないでしょう!」

ちひろ「ふふっ、冗談ですよ♪」

モバP「…でもどうなんでしょう。まだもしかしたら…アイドルに未練があったかもしれない」

ちひろ「…」

モバP「まあ、わかりませんがね。…さって、ごはん食べてお仕事しましょうか!」

ちひろ「…そうですね、はい!」


3:2017/02/21(火) 23:49:52.09 ID:
帰路

モバP「うう…疲れた」

モバP(ちょっと仕事残っちゃったな…まあ、すぐ終わらせよう)

モバP(早く帰って…癒されよう。今日の疲れもふっとばさないと)

ガラッ

モバP「ただいまー」

♪~ トントントン…

モバP(おっ、ちょうど料理中か)


4:2017/02/21(火) 23:52:28.93 ID:
モバP(嬉しそうに、鼻歌まで歌って…ふふっ)スタスタ

翠「♪~」トントン

モバP「ただいま、翠」

翠「あっ、おかえりなさい。Pさん♪」

モバP「おいおい…二人の時は違うだろ?」

翠「はっ…失念しておりました」

翠「では…おかえりなさい。あなた♪」

モバP「ああ、ただいま翠」チュッ

翠「んっ…うふふ♪もう少しでお料理ができますので、待っていてくださいね」

モバP「ああ…楽しみだな。翠の料理もすっかり上手くなって」

翠「褒めていただいて、ありがとうございます♪」

モバP「んん、じゃあできるまでどうしてようかな…」

翠「…ええと、あの…」

モバP「ん?」

翠「今、手が離せないので…私とおしゃべりしてくれれば、いいと思いますよ?」

モバP「…ふふっ、翠はかわいいなあ…!」ギュッ

翠「あっ…もう、邪魔はしちゃだめですって」クスッ

モバP「ああ、ごめんごめん。…でもな、翠がそうやって甘えてくるから仕方ないじゃないか」

翠「お家であなたを待つのは…とっても、寂しかったんですから。私だって甘えたくもなりますよ?」ニコッ

モバP「翠…」

翠「ふふっ…なんだか、まだ恥ずかしいですね。もう一年にもなるのに」

モバP「ああ…一年かあ。なんだかあっという間だな」

翠「楽しい時間は、あっという間に過ぎていくものですから…あなたとの生活は楽しくて、心地よくて」

モバP「俺もだよ…翠。ずっと翠と一緒にいる生活なんて、これ以上ないくらい幸せだ」

翠「うふふ…♪さて、そろそろご飯が作れそうですから準備の方をお願いします」

モバP「おう、了解了解」


5:2017/02/21(火) 23:53:02.46 ID:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モバP「最近まーた忙しくなってきてな。仕事が山積みで…」

翠「まあ、それは…嬉しいことですね?」

モバP「ははっ、そうだな。やっぱり忙しくてもやりがいのあるお仕事だから」

翠「あなたの頑張ってる姿、私は大好きです…ですが、無理だけはしないようにしてくださいね?」

モバP「ああ、大丈夫大丈夫。ちひろさんや事務所のみんなも凄く手伝ってくれるからさ」

翠「ふふ…それなら、よかったです。…でも」

モバP「?」

翠「私がいるのに、他の女の人のお話をしちゃ…妬いちゃいます」ぷく

モバP「あ、ああ…その、なんかごめんな」アセアセ

翠「ふふ、じゃあお詫びとして…その」

モバP「な、なんだ?」

翠「あーんを…して、貰えないでしょうか」


6:2017/02/21(火) 23:54:10.63 ID:
モバP「ああ、それくらいなら…って、そもそもいつもしてるじゃないか」

翠「それもそうですが…その…」

翠「このやり取りが夫婦らしいと、その、ドラマでみたもので…試したくなりまして」

モバP「…」

翠「で、ですので、ちひろさんにそんなやましいことは思っていませんし、むしろ感謝してましてその」アタフタ

モバP「ほーら翠。口あけてー」スッ

翠「あっ…あー」パク 

モバP「まったく、翠は不器用だなあ…」

翠「んっ…あなただから、甘えたくなるんですよ…」

モバP「ふふっ…」

翠「では、私からも…はい、あーん?」

モバP「あー」パク

翠「いかがでしょうか?」

モバP「そんなの、おいしいに決まってるじゃないか…翠が作ってくれたんだ、当たり前だろう?」

翠「うふふ…とても、うれしいです」


7:2017/02/21(火) 23:55:32.33 ID:
モバP「そうそう、料理で思い出したんだが…美由紀がまた、遊びに来たいってさ」

翠「美由紀ちゃんが…それは、楽しみですね」

モバP「『翠ちゃんがちゃんとしてるか見に行くから!』ってさ」

翠「もう、美由紀ちゃんったら…」クス

モバP「あいつもさ、また大きいライブ控えてるのに来ようとするもんだからな…ほんとパワフル盛りだよ」

翠「相変わらず、元気そうで何よりですね♪」

モバP「元気すぎてな…はは、良いことなんだが体力ないおっさんにはなかなかつらいさ」

翠「ふふ…」

モバP「しかも最近はませてきてな、冗談だろうけど早く子供の顔見せろ…って…」ハッ

翠「?」キョトン

モバP「ハ、ハハハ!ごはん冷めちゃうし、食べちゃおうか!」

翠「…はい、そうですね?」

モバP(うう、こういうときは天然でよかったけど…恥ずかしいな)


8:2017/02/21(火) 23:56:15.90 ID:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モバP「さて、ごちそうさまでした…と」

翠「はい、ごちそうさまでした。食器は浸けておいてくださいね」

モバP「…いや、たまには俺が洗ってあげよう」

翠「いえ、そんな…あなたはお仕事でお疲れでしょうから、私がやります」

モバP「いやいや、翠だって家事で疲れてるだろうからさ…」

翠「いえいえ、ですが…」

モバP「…」

翠「…」

翠、モバP「「…ふふっ」」

モバP「じゃあ…そうだな。二人で洗い物しようか」フフッ

翠「もう、それじゃあ狭いじゃないですか」フフ

モバP「たしかにな…ほら、狭いからもっと寄って寄って」ギュッ

翠「あ…うふふ、あなたの腕…あったかいですね」

モバP「翠は、か細いけど力強い腕だな…翠らしいよ」

翠「そんな…ありがとうございます」

モバP「ほら、俺が洗っていくから翠は拭いていってくれ」

翠「はい♪」


9:2017/02/21(火) 23:57:31.37 ID:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー

リビング

TV『ーーすっきりさわやか、マダゼスチンサイダー!』

翠「はあ…」

モバP「ふう、こたつはいいなあ」

翠「ええ…そうですね、もはや生活必需品です」ふにゃ

モバP「ふにゃふにゃした顔しちゃって…ほら、みかんでも食べるか?」むきむき

翠「ありがとうございます」アーン

モバP「はいっ。ふふ、なんか鳥に餌付けしてるみたいだな」

翠「みずのみどり、だけに…いえ、今は水野ではありませんが」フフ

モバP「あー…今の台詞、ちょっとクるものがある」ハハ

翠「そうなのですか?」

モバP「そうなんだよ。はい、もうひとつ」スッ

翠「あー」ぱく

モバP「うん、いい食べっぷりだぞ」

翠「もう…」フフ


10:2017/02/21(火) 23:58:11.35 ID:
TV『ーーーでは登場していただきましょう、本日のゲストは…黒川千秋さんです!』

モバP「おっ、翠。千秋がテレビに出てるぞ」

翠「Pさんが持ってきた仕事なんでしょう?もう…」フフ

モバP「まあそうだが、やっぱテレビで見るとなんかうれしくなってさ」

翠「千秋さん…本当に、より美しくなってますね」

モバP「ほんとにな…」

翠「…」

モバP「…なあ翠、もう一度千秋の隣に立ちたくないか?」


11:2017/02/22(水) 00:01:27.33 ID:
翠「…そうですね、やはり…こうして千秋さんを見ると、いつも思います」

モバP「…」

翠「ですが、今はあなたの妻として…私は誠心誠意、この身を尽くしたいと。そう思っています」

モバP「でも…」

翠「ふふっ、そんなに申し訳なさそうな顔をしないでください…私は私の意志で、貴方の隣にいると決めたんですから」

モバP「…翠」

翠「あなた…心の底から、だれよりも、愛しています」

モバP「俺だって…翠。お前のことを、何よりも愛してるよ」チュッ

翠「んっ…んふ…」チュッ

モバP「んっ…ふっ」スッ

翠「はあっ…」

モバP「…さ、せっかく千秋がゲストなんだ。一緒に見ような」

翠「はいっ♪」


12:2017/02/22(水) 00:02:05.65 ID:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モバP「ーーうん、さすが千秋…もう何をやらせても様になるなあ」

翠「流石です…御見それしました」

モバP「さてっと…もういい時間だしな。お風呂入って寝ようか」

翠「はい…では、お先にどうぞ?」

モバP「あー…すまないけどな、ちょっと仕事がまだあって…それやってるから、先に翠から入ってきてくれ」

翠「でしたら…わかりました。お先に失礼しますね」ガチャ

モバP「さってと…サクッと、終わらせちゃいますか」

十数分後

モバP「んー…っよしっと。これでいいかな」

ガチャ

翠「ふう……気持ちよかった」

モバP「」ドキッ

翠「申し訳ありません…時間がかかってしまって。上がりましたので、どうぞ?」

モバP「…」ジー

翠「? どうされました?」

モバP「あ、ああ…いやうん。そうだな、俺もお風呂入ってくるよ」

翠「ええ、では…おふとんの用意をしていますね」

モバP「うん…ありがとうな、翠」


13:2017/02/22(水) 00:02:49.44 ID:
風呂

チャポン

モバP「…」

モバP(…やばいやばい、いつみても風呂上がりの翠は…ドキッと、してしまうな)

モバP(あんなに…火照った顔、降ろした髪。そんなの…耐えられんよ)

ジャバ

モバP(…そもそも、その…夫婦としての、あの…そういうことも、あんまりしてないからかな。まだすっごくドキドキする)ゴシゴシ

モバP(いかんいかん。煩悩退散…いや、でも…うーん)ジャー

モバP(…しかし、この風呂…翠が入った後、なんだよな)

モバP(って、そんなの当たり前じゃないか…ああ、でも意識したらいい匂いな気が)

モバP(うう…のぼせてしまいそうだ。…とりあえず、上がるか)

ガラガラ

モバP「ふぅ…」

モバP「…下着も、パジャマも用意してくれてるし。ああ、翠の細かいやさしさが染み渡るよ」


14:2017/02/22(水) 00:04:05.99 ID:
寝室

ガチャ

モバP「ふぅ…」

翠「あなた、上がりましたか。お布団の用意はすでにすんでいますよ」

モバP「うん、ありがとう翠」チラッ

翠「いえいえ…」

モバP「…よくみると翠、今日は可愛い感じのパジャマなんだな」

翠「あ…気づいて、くれましたか」

モバP「ああ、さっきはその…うん、とにかく可愛いじゃないか」

翠「そうなんです…その、この前偶然見つけまして」

翠「着たら、あなたがかわいいって褒めてくれるかな…と、その」テレテレ

モバP(布団の上で、髪をまとめてて、照れてる翠…)

モバP「…ふふ、やーっぱり翠は可愛いな」

翠「その…ちょっと恥ずかしくなってきましたが、そういってもらえるなら…正解でしたね」ニコッ

モバP(正直、我慢の限界が…うう、照れてる翠かわいいかわいいかわいい)

翠「…あの、Pさん。こっちへ来て…もらえますか」

モバP「ん?…ああ、どうした」ぽすっ

翠「…」ギュー

モバP「お、おい翠…?」

翠「…美由紀ちゃん、すっかり大人になって…でも、ちょっとおませさんですね」ギュー

モバP「も、もしかして飯の時の、わかってて…?」

翠「私だって、女で、妻ですから…そういう知識がない訳ではないのです」ギュー

翠「Pさん…」

翠「……」

翠「……二人だけじゃ、少し寂しいと思いませんか…?」


15:2017/02/22(水) 00:07:20.53 ID:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー

翌日

事務所

ガチャ

モバP「おはようございます」

美由紀「おはようございます!Pさん!」

モバP「おう、おはよう美由紀」

美由紀「ねえPさん、昨日翠ちゃんのどうだった?」

モバP「えっ!?あ、いや…その」

美由紀「美味しかったでしょ?」

モバP「お、おいしかったって…何をいってるんだ、こらこら」

美由紀「え?翠ちゃんが昨日の料理、とっても喜んでくれたって言ってたからさ、その感想聞きたかっただけなんだけど」

モバP「あ、ああ…なんだ、そういうことね。うん」

美由紀「…まあ、もう察したけどさ」

モバP「うぐぐ…」

美由紀「これからはもーっともーっと、大事にしてあげなきゃ…だね?」

モバP「…ハイ」

美由紀「まあ、みゆ…あたしも何かあったら手伝ってあげるから」

モバP「ああ、ありがとうな…美由紀」

美由紀「いいっていいって!あ、生まれたらあたしにだっこさせてね!」

モバP「はは、ははは…」

モバP(…その後、皆に色々聞かれまくったのは…まあ、別の話)



16:2017/02/22(水) 00:08:16.04 ID:
終わりです。依頼に行ってきます

17:2017/02/22(水) 01:18:00.34 ID:
乙です
暖かいP夫婦に幸あらんことを…

18:2017/02/22(水) 02:01:58.87 ID:
おつ

19:2017/02/22(水) 06:08:19.17 ID:
いじめられてないかってちひろが言うから時子さまかと

20:2017/02/22(水) 07:51:01.61 ID:
俺は千鶴かと
にしても甘いな。甘すぎてしぬかと思った

21:2017/02/22(水) 08:27:26.38 ID:
クーガー兄貴みたいなのかと

22:2017/02/22(水) 09:50:32.76 ID:

確かに翠はおいしそうではあるが…(下衆の勘繰り)