【艦これ】蒼龍「ねぇ、なんで? なんで? ねぇ? 」

eddf5999.jpg
1:2017/03/01(水) 22:14:55.73 ID:

蒼龍「私、奥さんだよね? 」

提督「はい」

蒼龍「結構その、シてるよね? レスとかじゃないよね? 」

提督「はい」

蒼龍「……愛されてるよね? 」

提督「それはもう」

蒼龍「…………」

提督「…………」

蒼龍「…………なんで自分でシたの? しかも貧乳スレンダーのロングな女の子で」

提督「え、えーっとそれは……」


2:2017/03/01(水) 22:15:51.33 ID:

蒼龍「おかしくない? そんなに溜まってたの? 」

提督「や、あの、男としてはセ●クスとソロは違うっていうか」

蒼龍「ソロの方がいいの? ……そんなにいいならこれからはずっと一人でスれば? 」

提督「それは困る、蒼龍に拒否されたら泣く」

蒼龍「あ、そ、そう……」

提督「…………」

蒼龍「…………」

提督「…………照れてるの可愛

蒼龍「うっさい黙れ! 」

提督「ッス」


3:2017/03/01(水) 22:16:23.33 ID:

蒼龍「…………まぁ、分からなくもないしそこについては実際そこまで怒ってもいないんだけどさ」

提督「はい」

蒼龍「普通私に暴露ないようにしない? ちゃんと処理しない? 」

提督「ッスネ」

蒼龍「折角新しいランジェリー下ろしてさ、いい具合にお酒入ってさ、「先にシャワー浴びておいて」、なんて言われて」

提督「はい」

蒼龍「あなたの寝室のベッドでゆっくり待ってようと思ったら」

提督「ん」

蒼龍「思ったらさ、思ったらさぁ! 」

提督「……捨て忘れたティッシュがベッドサイドにありましたね」

蒼龍「サイッテーだよもう……」

提督「スミマセンデシタ」

蒼龍「本当だよ……もうまともにヤる気分じゃないしアルコール変に抜けてきて最悪」

提督「…………」

蒼龍「…………」

提督「…………あの、正座止めてい

蒼龍「いいわけないでしょう馬鹿男」

提督「ッス」


4:2017/03/01(水) 22:17:04.82 ID:

蒼龍「あぁ……苛々する。こんなことしてる自分に苛々してきた」

提督「……」

蒼龍「しかもさ、パソコン見たら履歴残ってるし。そんなに気に入ったの? またあれでシたいの? 」

提督「いや、あれは単に忘れてただけだよ」

蒼龍「パスワードおしえてくれるくらい信頼されてるのは嬉しいけどその信頼の結果がこれだよ」

提督「申し開きもございません」

蒼龍「せめて私に似てる子なら見なかったことにもできたのに」

提督「蒼龍に似てる子なんていないよ。蒼龍みたいに完璧な子いないし」

蒼龍「…………」

提督「…………あ、そこでやっぱ照れ

蒼龍「うっさいなぁ! 踏み潰してあげようか? 」

提督「どこを? 」

蒼龍「その躾のなってない性欲の塊」

提督「御勘弁を……それに蒼龍もこれ好きでしょ? 無くなったら困るよ? 」

蒼龍「…………本当に潰すよ? 」

提督「スミマセンデシタ」


5:2017/03/01(水) 22:17:31.86 ID:

蒼龍「…………」

提督「…………」

蒼龍「…………」

提督「…………」

蒼龍「…………」

提督「…………」

蒼龍「…………」

提督「…………あの、正座」

蒼龍「分かった、もういいよ、ベッド座ろっか」


6:2017/03/01(水) 22:18:13.68 ID:

提督「っと……寒いっていうか足冷たい」

蒼龍「私の心はもっと冷たいけどね」

提督「……ごめん」

蒼龍「うん」

提督「…………もっと寄っていい? 」

蒼龍「いいよ、私も寒いし。ランジェにバスローブだけだから」

提督「ん」

蒼龍「…………」

提督「…………」

蒼龍「…………こんなので機嫌よくなるくらい好き、なんだからね」

提督「ん」

蒼龍「ずっとカッコいいままでいてね、私の眼の前では。できれば私がいないところでも」

提督「あぁ、約束する」

蒼龍「よろしい。……じゃあ、寝よっ

提督「シない? 収まりつきそうもないんだけど」

蒼龍「…………」

提督「…………」


7:2017/03/01(水) 22:18:45.83 ID:

蒼龍「…………あのさ」

提督「や、分かってる、分かってるんだけど、なぁ? 」

蒼龍「なぁ? じゃない」

提督「…………蒼龍が嫌ならシなくてもいいけどまたさっきのでスるかも」

蒼龍「それが脅しになると思ってるって……なってるけど」

提督「うん」

蒼龍「まぁ、いいかな……でも」

提督「? 」

蒼龍「あの動画の履歴は消したから」

提督「oh……」

蒼龍「ん? 潰そっか? 」

提督「スミマセンナンデモナイデス」

蒼龍「ん」


8:2017/03/01(水) 22:19:12.83 ID:

「…………ん」

「ん…………お酒、抜けちゃったね」

冷めた雰囲気を取り戻すようにまずはキスを。
新しいキスを探すようにもう一度キスを。
理由なんて無くても、何度だってキスを。

優しく、啄むそれから彼女の唇を味わう為に少しだけスウィープ。
舌先を触れ合わせて、でもそれだけでは二人とも足りなくて。
絡み合わせ、溶け合わせ、体液と想いを交換する。

卑猥、というよりは心が暖まる原風景のような。
彼女とのキスは、いつもそうだ。

「……飲む? 」

「んーん……他ので満たしてくれるんでしょう? 」

「あぁ…………あぁ」

精液、なんて遊び心が湧き上がったけれどさすがに、言わない。
どれだけ怒らせても許してくれる彼女だけれど、自分だって怒らせたいわけではない。

冷めた心は想いで暖める。
暖かな想いはきっと心を満たすから。

だから、だから今夜も、そしてこれからも、二人は同じことを繰り返していくのだ。
そう、願えば、きっと自分だけの女神は、微笑んでくれるのだからーーーー


9:2017/03/01(水) 22:19:53.08 ID:

………

……………

蒼龍「ねぇ、なんで? なんで? ねぇ? 」

提督「…………」

蒼龍「昨日あれだけシたよね? 朝までシたよね? 嫌がる女の子がやめてって言ってもヤったよね? 」

提督「…………」

蒼龍「出して出して出しまくってたよね? 身体中ベトベトだし腰震えて立てなかったんだよ? 」

提督「…………それで、蒼龍さんだけ昼過ぎまで寝てましたね」

蒼龍「あなたがまた一人でシてる間にね」

提督「…………正直、その」

蒼龍「うん」

提督「執務終わらせて寝室戻ってきて」

蒼龍「ん」

提督「ベットベトで寝落ちしてる全裸の蒼龍を見てたら、その」

蒼龍「我慢できなかった、と」

提督「はい」


10:2017/03/01(水) 22:20:21.40 ID:

蒼龍「……でもそれなら私を見ながら、その……いや、それはそれで嫌だけど、できない? 」

提督「可愛いしエ●いんだけど……その、夫性というかその辺のが湧き上がってきてさ」

蒼龍「オットセイ? 」

提督「そんな言葉無いかもしれないけど」

蒼龍「? オットセイはいるよね? 」

提督「え、そりゃあ要るだろう。蒼龍みたいな奥さんいたら勝手に出てくるだろうけど」

蒼龍「寝室に? オットセイ? 召喚? 」

提督「寝室とは限らないかもしれないけど……え? 蒼龍って青姦に興味あるの? 」

蒼龍「はぁ? 」

提督「えっ? 」

蒼龍「…………」

提督「…………」

蒼龍「…………あ、父性とか母性的な意味で、夫性? 」

提督「そうだけど」


11:2017/03/01(水) 22:20:51.45 ID:

蒼龍「…………」

提督「…………」

蒼龍「…………まぁ、いいや」

提督「う、うん」

蒼龍「でもそれなら私起こすとか」

提督「幸せそうに寝てたから。寝言で「美味しい……もう食べられない」とか言ってたし」

蒼龍「う、嘘……嘘でしょ? 」

提督「嘘だよ」

蒼龍「あぁん? 」

提督「痛っ、やめて、脛蹴らないで、痛いです、遊び心なんでっす、痛いっ、あ、今は水色なんっ~~ッ

蒼龍「言動には気を付けてくださいね? 提督閣下」

提督「ッス」


12:2017/03/01(水) 22:21:34.30 ID:

蒼龍「…………で、さ」

提督「はい」

蒼龍「正座させられてる理由は分かるよね? 」

提督「…………いや、本当に本当なんだけど、分からないです」

蒼龍「は? 」

提督「そりゃあ、その、可愛くてエ●くて最高に愛しい奥さんがいるのにソロでシてたのは申し訳ないですけれども」

蒼龍「うん」

提督「一応頑張って蒼龍に近い子探したつもりなんです、本当です」

蒼龍「そこ、そこだよ馬鹿男」

提督「はい? 」

蒼龍「私と一晩中ヤって私見てシたくなって探したんだよね? 」

提督「はい」

蒼龍「なんで! そこで! 私に! 近い女の子! 探すのっ! 」

提督「え? えーっと……」

蒼龍「私の代わりがその辺の動画で済ませられるみたいじゃない! 」

提督「あ、そっかそういう……」

蒼龍「そういう」


13:2017/03/01(水) 22:22:12.85 ID:

提督「…………いや、でもそれ理不尽じゃない? 頭痛くなってきた」

蒼龍「私はそれより心が痛いんだけど? 」

提督「ッス」

蒼龍「……ねぇ、性欲おかしくない? 最近までこんなこと無かったよね? 」

提督「や、蒼龍が前より近くにいると普段の生活してるだけで溜まってきて」

蒼龍「……普段からそういう目で女の子見てるんだ」

提督「そ、蒼龍だけだぜ? 」

蒼龍「当たり前でしょ。……馬鹿なの? 」

提督「男は皆馬鹿なんです」

蒼龍「あっそ」

提督「はい」

蒼龍「…………」

提督「…………」

蒼龍「…………じゃ、一緒にその動画見よっか」

提督「えっ」

蒼龍「あ? 」


14:2017/03/01(水) 22:23:27.95 ID:

提督「……なんで? 」

蒼龍「その女の子より私の方がいいっておしえてあげる」

提督「や、おしえられるまでもなく蒼龍の方が可愛いから」

蒼龍「誤魔化すな」

提督「誤魔化しとかじゃなくて本音であっ……分かった、分かったから、見る、見させてください。
だから蹴らないで抓らないで痛いっ! 」

蒼龍「早く」

提督「…………ん」


15:2017/03/01(水) 22:24:09.81 ID:

「うぅん…………私の方が胸、大きいよ? 」

「そうだね」

「私の方が、きっと可愛い」

「あぁ」

「腰だってもっと括れてる、はず」

「はずじゃない」

「…………」

「…………信じられない? 」

違うけど、なんて言葉が尻すぼみになるくらいには不安なんだ。
彼女を不安にさせて、嫌な気分にさせたのは、自分。

どんな言葉より、結局彼女に安心をあげられるのは、行動。
抱き寄せて、頤に手を遣って、それから真心を込めたキスを。

「それに……」

「うん? 」

「あの男の人より、あなたの方が、カッコいい」

「ありがとう? 」

「褒めてないばか…………ん」

「……ん」

柔らかく、暖かく、それから僅かに震える身体を強く強く抱き締める。
壊れそうな程、抱き締める。
壊れてもいいから、この気持ちが伝わってほしい。

俺は、蒼龍のことが、何よりも愛おしい。
それこそ、この身の全てを捧げても替えがきかないくらいに。

だから、その彼女を怒らせたことを身に刻みつつ、想いの丈を、今夜もぶつけるんだーーーー


16:2017/03/01(水) 22:25:11.29 ID:

………

……………

蒼龍「ねぇ、なんで? なんで? ねぇ? 」

提督「…………」

蒼龍「馬鹿でしょ? 馬鹿なんだよね? 性欲にすぐ負ける中学生並のボンクラなんだよね? 」

提督「だから男は皆馬

蒼龍「知らない! から! そんなの! 私は! あなたのこと! 言ってるの! 」

提督「……馬鹿って認めたら許してくれる? 」

蒼龍「そんなわけないでしょうが! 仏の顔も

提督「三度ある? 」

蒼龍「…………」

提督「…………」

蒼龍「…………馬鹿」

提督「…………ごめんなさい」


17:2017/03/01(水) 22:25:56.72 ID:

蒼龍「…………動画じゃなかった、画像じゃなかった、そもそも私意外じゃない、これは褒めてあげる」

提督「はい」

蒼龍「でもさ」

提督「うん」

蒼龍「なんで! 私が寝てる横で! 私の! ショーツ! 巻き付けて! いるの! クズ! 猿男! 女の敵! 」

提督「……ッス」

蒼龍「ベトベトドロドロどころじゃないよこれ……汚いとかじゃなくて速攻●箱入れなきゃいけない」

提督「ソッスネ」


18:2017/03/01(水) 22:26:55.15 ID:

蒼龍「……新しいのだったんだよ? 」

提督「似合ってた」

蒼龍「そりゃあどうも。……本当去勢した方がいいんじゃないの? 猿なの? 」

提督「や、猿とか失礼だろう? 馬並と言ってほし

蒼龍「精々大型犬程度でしょうが! 思い上がるなヒューマン! 」

提督「大型犬? 」

蒼龍「レトリバーが大体二十センチで近種もそれくらいなの! 」

提督「へぇ……十五へぇくらいかな」

蒼龍「そ」

提督「でもさ…………なんでそんなこと知ってるの? 獣姦に興味あっひぃぃぃぃ

蒼龍「……次、当てる」

提督「スミマセンスミマセンスミマセンスミマセンスミマセン」

蒼龍「……はぁ」

提督「スミマセン…………土下座してる目の前にか、踵を床にだーん! するのは駄目だよ、怖い」

蒼龍「怖くしてるんだから当たり前でしょ」

提督「ハイ」


19:2017/03/01(水) 22:27:21.33 ID:

蒼龍「……本当さ、次は顔面でもお腹でも股間でも、容赦なんて無いから」

提督「はい。……あ、足でもお嘗めしましょうか? 蒼龍様」

蒼龍「ん」

提督「ん……ん? 」

蒼龍「靴、嘗めてくれるんでしょう? 」

提督「そんな趣味あ…………申し訳ございません、お許しください」

蒼龍「……ふん」

提督「…………」

蒼龍「…………ばか」


20:2017/03/01(水) 22:27:57.16 ID:

提督「や、でもさ、俺のしたことは許されないのは、分かる」

蒼龍「当然」

提督「それでも、敢えて言いたいことが私にはあるのです」

蒼龍「何か? 」

提督「最近さ、その精のつく食べ物、ばっかじゃない? 」

蒼龍「今頃気付いたの? 」

提督「は? 」

蒼龍「…………あなたカッコいいから」

提督「あん? 」

蒼龍「他の女の子に奪られるの、ヤだから」

提督「ん? 」

蒼龍「……あなたが! 私だけで満足すればって! 思ったの! 分からないの? 馬鹿なの? しね、しんでしまえ! この●クズ野郎! 」

提督「お、おう……」


21:2017/03/01(水) 22:28:25.10 ID:

蒼龍「…………もうやだ、なんでこんなやつ好きになっちゃったんだろう」

提督「なんていうか……ありがとう? 」

蒼龍「謝らなかったところは褒めてあげる」

提督「うん」

蒼龍「…………好きなの、大好き」

提督「あぁ」

蒼龍「でも、大ッ嫌い。●したい、ぐちゃぐちゃにしてやりたい」

提督「蒼龍にされるなら、いいよ。文句無い」

蒼龍「そーいうところが……はぁ」

提督「……」

蒼龍「……」


22:2017/03/01(水) 22:29:01.82 ID:

提督「…………寝よっか。今日は何も、しないよ。当然起きてからも」

蒼龍「だめ」

提督「んん? 」

蒼龍「だーめ、私を満足させなさい」

提督「……いいの? 」

蒼龍「いい、許す」

提督「……朝まででも? 」

蒼龍「いいよ。…………私のこと、好き? 」

提督「好き。……蒼龍は? 」

蒼龍「当然。……………………ね、濡れちゃった」

提督「何にもしてないのに? 」

蒼龍「だってあなたに近付いてるから……こんな女嫌い? 」

提督「さぁね」

蒼龍「……む」

提督「でも……蒼龍みたいな女の子は好きだよ。他には何もいらない」

蒼龍「そ」

提督「…………おいで」


23:2017/03/01(水) 22:29:29.54 ID:

………

……………

提督「おはよ」

蒼龍「うん。…………キス」

提督「酒飲んでヤって寝たから口、臭いよ」

蒼龍「いいの、ちょっと触れるだけ」

提督「……ん」

蒼龍「ん。…………おはよ」

提督「あぁ。…………シャワー、浴びておいで」

蒼龍「一緒じゃなくていいの? 」

提督「我慢できないから」

蒼龍「ふぅん? ……なぁに? これ」

提督「仕方無いよ、朝の寝起きだから」

蒼龍「そ、っか」

提督「うん」


24:2017/03/01(水) 22:29:57.23 ID:

蒼龍「……口でしてあげてもいいけど? 」

提督「いいよ。蒼龍にそういうことしてもらいたくて好きになったんじゃない」

蒼龍「そっか。…………シャワー浴びたら、何食べたい? 」

提督「何でもいいけど……俺の好きなもの」

蒼龍「私がつくったら何でも美味しいって言うくせに」

提督「だって全部美味しいし……ベーコンエッグとトーストと、甘いコーヒー」

蒼龍「りょーかい。…………起きますか」

提督「うん」


25:2017/03/01(水) 22:30:25.08 ID:

蒼龍「…………あ、そうだ」

提督「うん? 」

蒼龍「好き、だよ。これからも、その、よろしくね」

提督「こちらこそ。…………見捨てるなよ? 」

蒼龍「あなたが私に飽きない限りはね」

提督「ありえない」

蒼龍「それならいいでしょ。…………ずっと、一緒、だからね? 」

提督「ん」

蒼龍「嫉妬深いよ? 」

提督「蒼龍みたいな可愛い奥さんに嫉妬されるなら嬉しいよ。……行きな」

蒼龍「ん」


26:2017/03/01(水) 22:31:49.38 ID:

………

……………

離してなんて、あげない。その辺、きっちり分からせてあげるんだから、ね?


27:2017/03/01(水) 22:32:38.96 ID:
前編終わり

ちなみに海豹や海馬は二十一センチ程度だそうです
変なこと調べて変な敗北感


28:2017/03/01(水) 23:24:24.45 ID:
良いテンポだった乙

29:2017/03/02(木) 00:59:32.81 ID:
後編もいい感じで終わってくれれば

30:2017/03/02(木) 10:37:45.38 ID:
すごいいいテンポな上に壁が欲しくなる内容だな
後半楽しみにしてる

31:2017/03/02(木) 10:52:24.76 ID:
一体どうして知ってたんですかねぇ

32:2017/03/02(木) 22:09:45.77 ID:
ぼくもこんなお嫁さんがほしいです

33:2017/03/03(金) 03:19:07.76 ID:
クッソ面白いスレを発見してしまったww

34:2017/03/03(金) 11:49:59.15 ID:
いいトリビアだった

35:2017/03/03(金) 21:06:13.97 ID:
他の艦娘に手を出すor出されても提督に激怒して終わりそうだけど相手が飛龍の時だけは問答無用で飛龍を●しそう

36:2017/03/05(日) 15:43:13.32 ID:
後半に期待しまくってる