晶葉「できたぞ助手! アイドルを催眠状態にするスイッチだ!」

23a3e440.jpg
1:2017/03/29(水) 22:30:13.39 ID:

 ・下品です。

晶葉「できたぞ助手! アイドルを催眠状態にするスイッチだ!」

P「さすがあきえもん! 良識も常識もかなぐり捨てて、ただただ己の目的のために平然と他者に犠牲を強いるゥ!!」

晶葉「マッドサイエンティストA・Iに不可能はない! 科学の発展に犠牲は付き物! 例えこの道が冥府魔道であろうと我が歩みが止まること能わず!」

P「悪逆非道! 悪逆非道!」

晶葉「ふはははは! 非難をさえずるだけの口だけ番長が! アイドルを催眠状態にして何をするつもりだこの変態め! フリスビーに飛びつく犬畜生が如く、尻尾を振って受け取るがいい! そら、催眠スイッチだ!」

P「わんわんお! わんわんお!」

晶葉「おお、素晴らしいキャッチだぞ助手! さすがの私もまさか本当に口で受け止めるとは思わなかった! ドン引きだ! ちなみに助手! そのスイッチは電池の関係で一度しか使えないぞ!」

P「なにぃ!? これが過ぎたる力の代償か! ちなみに晶葉! 催眠状態中にあったことはもちろん覚えていないんだよな!?」

晶葉「ああ、もちろんだ! 一切合切なにも覚えていない! それはすでに証明済みだ!」

P「晶葉! あんたは最高だ! あんた何なんだ!」

晶葉「聞くまでもないだろう? マッドサイエンティストだ!」

P「ちなみに催眠状態を解除する方法は!?」

晶葉「スイッチをもう一度押すだけだ! では行くがいい、助手よ! 可能性の限界点へ!」

P「いざ行かん! 人類の革新が為ェ!」

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1490794213


2:2017/03/29(水) 22:31:19.59 ID:
P「そして厳正な脳内選考を重ねた結果、あなたは此度の人体実験の被験者として選ばれました。おめでとうございます」

乃々「い、いきなり人の部屋に忍び込んで来て……意味がわからないんですけどぉ……きょ、今日は、もりくぼ、オフなんですけどぉ……」

P「なに、気にするな。いつものことだろ?」

乃々「うぅ……またもりくぼを生贄に捧げるつもりなんですか?」

P「うむ。しかし安心しろ。大丈夫だ、ひどいことはしない。俺はプロデューサーだぞ? アイドルにひどいことなんてするわけないじゃないか」

乃々「……人体実験とか言ってる時点で信じるに値しないんですけど……」

P「言葉の綾だ。それに思い返してみろ? 俺が一度でも森久保に嘘をついたことがあるか?」

乃々「そんなのいくらでも、……いくらでも……ぇ……ない? えぇ、そんな……」

P「はっはっはァ! 我が潔白に一片の瑕疵なァし!」

乃々「……限りなく黒に近いグレーなんですけど……もういいです。もりくぼは諦めて犠牲になります……」

P「うんうん、素直な子は好きだぞー」

乃々「で、そのスイッチは……なんのスイッチなんですか?」

P「アイドルを催眠状態にするスイッチ」

乃々「えっ」

P「アイドルを催眠状態にするスイッチ」

乃々「……さ、さいみん? もりくぼを催眠状態にして、な、ナニをするつもりなんですか……?」

P「はァ? アイドルを催眠状態にしてヤることなんて一つしかねぇだろうが!」

乃々(そ、そんな……鬼畜催眠レッスンでドロドロの肉欲に溺れたもりくぼを己の野望のために芸能界の闇に弄ばせて、やがて影の権力者となったプロデューサーさんは、用済みになった中古のぼろくぼを●のように捨てるつもりなんですね……そして芸能界を引退せざるを得ないもりくぼは、汚れきった身体をはばかるように神奈川の片隅でひっそりと暮らすしかなくて……しかし数年後、もりくぼの前に突然プロデューサーさんが現れるんです。富も権力も欲しいままにしたプロデューサーさんはもりくぼを拉致して、豪華なホテルのスイートルームに監禁。もりくぼの服を引き裂きながらこう言うんです。俺はすべてを手に入れた。なのに埋まらない。渇きが癒えない。理由はお前だ。お前を手に入れてないからだ。俺のモノになれ、乃々! もちろんもりくぼは拒絶します。でも男の力に抗えるわけもなく……乱暴な、でもそれ以上に必死な腕に抱かれて……疼き出したカラダは止めようがなくて……数年越しの潤愛レッスンで身も心も一つになった二人は幸せなキスをして終了するんですねわかります)

乃々「そ、そんなふうにされたら……もりくぼは……もりくぼは……っ///」

P「ふむ。では覚悟はいいか、森久保」

乃々「……大丈夫です。ハッピーエンドまで見えてますから」

P「じゃあいくぞ、森久保」ポチッ

乃々(ああ、スイッチが押されてしまいました。このあともりくぼはプロデューサーさんに押し倒されるんです。口の周りがベタベタになるまでベロチューさせられて服を脱がされたあと、竹書房も印刷をためらうレベルの獣欲をぶちまけられてしまうんですね……///)

P「よし、いまからいろいろ言うけど、大人しく聞いてろよ? いいな?」

乃々(大丈夫です、プロデューサーさん……いつかこんな日が来るだろうと思って、もりくぼはたくさん予習してきました……恋愛白書パスカル……絶対恋愛Bitter……恋愛地獄……それと夜の進研ゼミ妊活講座……教科書はいっぱい読みました……だからプロデューサーさんがどんな変態であったとしても、もりくぼはその退廃的な要求に応えられると思います……)

P「いつも、ありがとな。森久保」

乃々(……あれ?)

P「今だから言えるけど、不安だったんだ。森久保のプロデュース。アイドルはどんなに周りが仕立てても、結局は本人のやる気だからさ」

乃々(…………あっれぇ?)

P「最初見たときさ、おどおどして、びくびくしてて……可愛いって思うよりも先に、なんか可哀そうって思った。全身からにじみ出るネガティヴなオーラが遠くからでもよく見えた。だから、そんな女の子がアイドルになったら、きっと誰よりも眩しくなれるって思った。スカウトしたのはそれが理由だ」

乃々(……こんな展開、夜の進研ゼミにはなかったんですけど)

P「まあスカウトしてからは予想以上に大変だったわけだが……ポテンシャルはいいけどメンタルが弱いんだよな、乃々は。自分にはできない。できるわけがないって最初から諦めてる。失敗したくないから挑戦しない。嫌なことには背中を向けて逃げるのが基本。アイドルには向いてない性格だった。さすがの俺もちょっと焦ったよ」

乃々(……なんかボロクソ言われてるんですけど……でも事実ですし……反論しませんけど……)

P「でも、乃々には人一倍の責任感があった。仲間想いなところもな。それさえわかれば後は俺の仕事だ。人間は環境に依存する。環境が人間を作る。乃々が今まで諦めて、逃げてきたのは、そうしてもいい環境だったからだ。だからユニットを組ませて逃げ場をなくした。失敗できなくさせた。友情という足かせをつけられて、お前は頑張るしかなくなった。立ち向かうしかなくなった。努力せざるを得なくなった」

乃々(……もしかして、プロデューサーさん……私が思っている以上にクソ野郎なのでは……?)

P「その結果はどうだ。みんなに愛される森久保乃々の誕生だ。俺の見込み以上だった。なあ、森久保。どうしてファンの皆はお前を応援してくれると思う? それはな、森久保が後ろ向きだからだ。逃げ腰で、泣き虫で、臆病者だからだ。そんな女の子が、何百人、何千人、何万人っていう観客を前にして、とてつもないプレッシャーの中で、歌って踊るんだぞ? やるくぼだろうがやけくぼだろうが関係ない。もうそんなの応援するしかないだろ」

乃々(……ぁ……あぅ……)

P「みんな、森久保が好きなんだ。お前が涙目になりながらもやり抜く姿を見て、自分も頑張ろうって気にさせるんだ。森久保、お前は人の心の中にある勇気を育むアイドルなんだ。もっと胸を張ってくれ。お前はやればできる子だ。俺が心から応援してる、最高のアイドルなんだ」

乃々(……ど、どうしよう……かつてないほど、プロデューサーさんにめちゃくちゃにされたいんですけどぉ……///)

P「今まで無茶させて悪かった。これからも……まあ、無理をさせるけど、よろしく頼む。よし、催眠終わり!」ポチッ


3:2017/03/29(水) 22:32:02.66 ID:
晶葉「おお、助手。ここにいたか」ガチャ

乃々「……鍵を掛けていたはずのドアをあっさり開けないで欲しいんですけど」

晶葉「どんな鍵でも開けてくれる。そう、セサミスイッチならね」

P「なんだ、晶葉。女子寮まで来るのは珍しいな」

晶葉「うむ。実はさっきのスイッチの電池を交換するのを忘れていてな」

P「」

晶葉「ほら返せ。よし、蓋を開けて……カチャカチャカチャっとな」

P「えっと、あの、晶葉さん?」

晶葉「なんだ」

P「そのスイッチは電池切れだったのでしょうか」

晶葉「いかにも」

P「……森久保さん。お願いがあるんですが」

乃々「はい」

P「先ほどのわたくしの発言をですね、全て、何もかも、洗いざらいにですね、忘れ去ってはいただけないでしょうか」

乃々「……むぅーりぃー///」

P「晶葉ァ! そいつを寄越せェ! 森久保を催眠状態にしてすべてをなかったことにしてやる!」

晶葉「ほほう。これは珍しいこともあるものだ。助手がここまで焦るとは。ふむ、その顔色からして羞恥か? なあ、乃々。助手はいったいどんなこっぱずかしいことをしでかしたんだ?」

乃々「そ、それは……」

P「森久保ォ! 言ったらお前の口にマスタードシュークリームをぶち込んでやるからな!?」

晶葉「言うんだ、乃々。言わなければ志希お手製のクリーンな自白剤を使うぞ? ちなみに座薬タイプだ」

乃々「……ぜ、前門のからしに、肛門の自白剤とか、地獄なんですけど……大ピンチなんですけど…………あれ? でも、その自白剤をプロデューサーさんに使えばいいんじゃ……?」

晶葉「それは盲点だった」

P「はああああああああああ!?」

晶葉「ふむ。悪くない。悪くないぞ、乃々! では早速座薬を取りに行かなくてはな! あと清良さんも呼んでこよう!」

P「いやいやいやいやいや! いやいやいやいやいや!」

晶葉「はっはっは! 久しぶりに鬼ごっこだな、助手! ああもう楽しみでたまらない! ついでに究極完全体ウサちゃんロボVer過渡期の機動試験もやってしまうから、本気で逃げるんだぞ!」ポチッ、シュンッ

P「瞬間移動スイッチ!? 完成してたのか!? そして、嗚呼! 世界とは悲劇なのか! いま魂が試されようとしている!」

乃々「あ、あのプロデューサーさん……」

P「なんだ、乃々。お前の一言で俺の貞操が割とヤバいんだが」

乃々「……わ、私……あの、アイドル……が、頑張ろうと思います……だから、これからも……よろしくお願いします」

P「ああ、森久保。お前が辞めたいと言っても、もう絶対に辞めさせてやらないからな? では行かん! 自由への逃走!」

乃々「……行ってしまいました。でも、大丈夫です……プロデューサーさん……もりくぼは、勇気をもらいましたから……あ、そうだ。清良さんにメールしなきゃ……『最高画質でお願いします』っと……」


4:2017/03/29(水) 22:32:34.21 ID:
晶葉「できたぞ助手! 好感度を磁力に変換するスイッチだ!」

P「さすがあきえもん! 感情という電気信号を物理現象へ変換するなど神様も真っ青の所業を平然やってのけるゥ!!」

晶葉「マッドサイエンティストA・Iに不可能はない! しかし今回は実に困難だった! 一つのスイッチでは磁極を一つしか再現できないからな! だがスイッチを二つ使用することでS極とN極を再現することに成功したのだ!」

P「モノポールという人類史に未来永劫刻まれうる天壌無窮の偉業さえ路傍の石のように捨て置いて、あくまでも初志貫徹! それが狂気のマッドサイエンティスト池袋晶葉ァ!」

晶葉「ふはははは! 難しい発明だっただけあって、助手の賞賛が素直に胸に来るな! よーし助手! では早速実験開始といこうじゃないか! これが磁力スイッチS極だ! 受け取れ!」

P「アトミックコレダー!」623C

晶葉「よし! 受け取ったな! では同時に押すぞ! スリィ、トゥ、ワンッ!」

P・晶葉「「スイッチオン!」」ポチッ

晶葉「おお」グググ

P「おおー」グググ

晶葉「なんというか……こう、引き寄せられるな」

P「これが磁力の力か」

晶葉「もしや……! うむ、やはりな! 見ろ、助手! 引力のおかげでゼログラヴィティができるぞ!」

P「すっげぇ! これには天国のマイケルもびっくりだぜ! ライヴのパフォーマンスに使えるな!」

晶葉「よし、助手。私はこのままの姿勢でいるから、ゆっくりこっちに来てくれるか? 磁力がどう作用するのか確かめたい」

P「おう。ゆっくりだな」

晶葉「そうだ。うむ。引力が高まるのを感じるぞ。ところで助手、助手のほうは引っ張られたりしないのか?」

P「引かれてることは引かれてるが、ゼログラヴィティみたいに極端に姿勢を倒すのは無理な気がする」

晶葉「……ふむ。好感度は足して二で割るように設定したから、互いに働いてる引力は等しいはず……となると、単純に体重の差か……おおっ!?」

P「うお! っと……後ろ向きでいきなり飛んでくるなよ。危ないだろ」

晶葉「すまん。急に磁力が強まってな。身体が浮いては踏ん張ることもできん。よし、助手。もういいぞ、下ろしてくれ」

P「おろしてくれと言われても、晶葉がくっついてきてるだけだぞ」

晶葉「なに? ではスイッチを……うむ? うむむ? 私の腕が助手の身体にくっついたまま動かんぞ」

P「あー、お互いに全身磁石になってるようなもんか。確かに密着してると相当な磁力だな。晶葉の筋力だとまともに動けないんじゃないか?」

晶葉「うむ。びっくりするぐらい動けないな。まるで磔にされた気分だ」

P「よし、じゃあ俺が代わりに押そう。晶葉、スイッチはどこだ?」

晶葉「白衣の胸ポケットだ。そう、そっち側の」

P「これか?」

晶葉「それは乳首だ。もっと下。そう、それだ。そのスイッチと、助手のスイッチを同時に押せば、磁力が解除される。さあ、さっさとやってくれ。身体に変な力がかかったせいなのか、なんだか急にトイレに行きたくなってきた」

P「よし、じゃあ押すぞー」ポチッ


5:2017/03/29(水) 22:33:17.90 ID:
晶葉「」

P「」

莉嘉「」

みりあ「」

晶葉「ばかもーん! 瞬間転移スイッチを押すやつがあるか!」

P「一つのポッケにスイッチが二つ入ってるなんて知るかよ!」

莉嘉「……えっと、Pくん、晶葉ちゃんとジッケン? してるの?」

P「おう。人類の輝かしい未来の為にだな、崇高な試験をだな……」

みりあ「あー! それプロレスごっこっていうんだよね!? 今のプロデューサーと晶葉ちゃんと同じようなこと、この前お父さんとお母さんがハダカでやってたから、みりあ知ってるよ!」

晶葉「産めよ、増やせよ、地に満ちよ」

P「赤城家の家族計画なんて知りたくなかった!」

 ――状況説明及び磁力解除――

莉嘉「スキっていう気持ちを磁石にしちゃうんだー☆ じゃあじゃあ、アタシとPくんでやったらすっごいくっつくってこと?」

晶葉「うむ。私と助手でアレだったからな。それはもうぴったりくっついて離れないだろうな」

莉嘉「はいはいはーい! アタシもジッケンする! したい! やりたい! やらせて!」

みりあ「みりあもやるー! みりあもやーるー!」

晶葉「はっはっは! 大人気だな、助手。ではスイッチを預けるぞ。私はもう膀胱がポンポコリンだ。ピーヒャラする前に失礼する」ポチッ、ヒュンッ

P「お、おう」

莉嘉「これがラヴラヴ☆スイッチ……よーし! Pくん、準備はいい? アタシはいつでもオッケーだよ?」

P「そうかそうか。ところで、莉嘉。なんでクラウチングしてんの?」

莉嘉「えっとねー。助走をつけてジャンプしてからスイッチを押したら、ビューンッ☆ ってなるかなって」

P「ちょっと危ない気もするが……まあ莉嘉くらいの質量なら受け止められるだろ。よし、来い」

莉嘉「よーし、いっくよー。莉嘉ダーッシュ☆」ポチッ

P「完全に想定外の加速度ォ!!??」

莉嘉「きゃあああああああああ!」

P「ふんぬらばァ!」3回転D

莉嘉「……び、びっくりした」

みりあ「すごーい! 莉嘉ちゃんビューン! って飛んでたよ! 映画みたーい!」

P「おう。ハリウッドばりのワイヤーアクションかと思ったわ。心臓に悪いから二度とやらねえぞ」

みりあ「やだやだ! みりあもやるー! 莉嘉ちゃんだけずるーい! みりあもやーるーのー!」

P「いやいや、さっきの見たろ? あれ俺が受け止めなかったら大事故だったぞ?」

みりあ「ならないよ。だって磁石になるんでしょ? プロデューサーのところに必ず飛んでくから平気だもん」

P「いや、そうだけど……そうじゃなくて」

みりあ「……プロデューサーは、みりあのこと、受け止めてくれないの?」

P「これは受け止めざるを得ない(使命感)」

みりあ「莉嘉ちゃん、スイッチ貸してー?」

莉嘉「えっと……渡したいんだけど、Pくんにべったりくっついて動けなくて……」

みりあ「ええー。これってつまり、プロデューサーが莉嘉ちゃんのこと離したくないくらい大好きってこと?」

P「おっとぉ赤城さん。俺の社会人的生命にかけて言っておくと、スイッチの磁力は二人の好感度を足して二で割ったということになるので、俺が莉嘉のことを特別好きだというわけではなく――」

みりあ「みりあ知ってる! それってソーシソーアイっていうんだよね!」

莉嘉「つまりアタシとPくんは両想いってこと? やっぱりラヴラヴだねっ☆」

P「何を言っても無駄そうだからノーコメントで!」


6:2017/03/29(水) 22:33:45.94 ID:
みりあ「ほっぷ、すてっぷ、じゃーんぷっ!」ポチッ

P「はい来たァ!」

みりあ「わーい! プロデューサー、これすっごい楽しいね!」

莉嘉「Pくんの、アタシたちをスキっていう気持ちが直接感じられて、ハッピーになれちゃう! そうだ、みんなにも教えてあげよーっと」

P「あーっ! 困ります! 困ります! それは本当に困ります! 困ります!」

みりあ「きゃははっ! Pくん困ってるー! おもしろーい!」

P「ええい生まれながらの小悪魔め! 見えずともわかるぞ! 天使のような微笑みを浮かべおって! おのれみりあ! まとわりつくでない!」

みりあ「やだもーん。もーっとくっついちゃうもんねー。えっへへ~♪」

莉嘉「ラブラブ☆スイッチでー、アタシとみりあちゃんとPくんで、いちゃらぶなう!」

P「えっ、待って。待って。マジで流したの!?」

莉嘉「すごーい! 一瞬で既読100件超えちゃった! みんなPくんのこと大好きなんだね!」

P「無邪気な笑顔で発信された過去最大級の誤報により拙者無事死亡」

あやめ「なんの! ご安心召されよ、P殿。介錯はあやめがつかまつりますゆえ!」

P「さすがニンジャマスター・あやめ! 一切の気配を感知させずに俺の背後に現れるゥ!」

あやめ「ささ、みりあ殿。あぶないので早くP殿から離れてください」

P「介錯と言いつつ斬●する気まんまんじゃありませんか?」

あやめ「いえいえ! 決して慶雲鬼忍剣を使おうなどとは! 露ほどにも!」

P「殿中でござる! 殿中でござる!」

あやめ「お覚悟ッ!」

みりあ「ねえねえ、あやめちゃんもやるー?」

あやめ「えっ」

みりあ「このスイッチを使うとね、プロデューサーがみりあのことどれくらい好きなのか感じられて、すっごく幸せになれるんだー。だから、あやめちゃんもやろうよ! あやめちゃんもプロデューサーのこと大好きだし、プロデューサーもあやめちゃんのこと大好きだから、思いっきりぎゅーってしてもらえるよ?」

あやめ「ほっ、抱擁……! そんな、P殿と抱擁など……はぅぅ……///」

P「おいおい、俺があやめのことを好きだという前提で話を進めてもらっては困るな!」

みりあ「好きじゃないの?」

P「はっはっは! 全国一億二千万人のあやめファンの頂点に立つ男がこの俺だ! もちろん好きに決まってんだろ!」

あやめ「ひゅっ、あ、あう……/// しゅっ、修行が足りませぬ! こ、ここここれにて失礼いたします!」ドロン

みりあ「あやめちゃん消えちゃった……」

P「純情すぎませんかね、あの忍者。ところでみりあさん、そろそろ降りてくれませんか? 呼吸できないんですけど」

みりあ「えー。プロデューサーの息がお腹にぶわーって当たるの、けっこう気持ちいいんだけどなー」

P「僕は胸がいっぱいで苦しいです(腹式呼吸)」

莉嘉「あ、みりあちゃん! アタシいいこと思いついた!」

みりあ「えー! なになに!?」

P「嫌な予感しかしないッスねぇ」


7:2017/03/29(水) 22:34:20.61 ID:
美優「Pさんッ!」

P「あれ、美優さん? どうしました、何だが息が荒いようですが?」

美優「LINEを見て、いてもたってもいられなくて……でも、まさか本当に……Pさんが小さな女の子しか愛せない異常性癖者だったなんて……!」

P「誤報からの誤解が深刻な件について」

美優「……教えてください、Pさん。あなたが第二次性徴前の子供しか愛せないなら……熟れ切った私はいったいどうすればいいんですか!?」

P「美優さん、落ち着いてください。なんか生々しいです。あと誤解です」

美優「誤解ですって……? ふざけないでください! 誤解だというなら! Pさんの首からぶら下がってるそれはなんなんですか!?」

みりあ莉嘉「「みりりかサンドイッチだよ!」」

美優「みりりかサンドイッチ」

P「好感度を磁力に変換するスイッチがありまして、それをみりあと莉嘉が使って俺で遊んでるだけです。ぶっちゃけめっちゃ重い」

みりあ「あー! プロデューサー、女の子に重いって言っちゃダメなんだよ!」

P「ああ、うん。ゴメンな。すこしだけ重い。すこしだけ重い」

美優「じゃ、じゃあ晶葉ちゃんのスイッチで平成のサキュバスになったみりあちゃんと莉嘉ちゃんに押し倒されて、三人のDOKIDOKIリズムを重ねてちゅっちゅ大好きよマイフレンズからのRomanticはNowじゃなかったんですね!?」

P「誤報からの誤解が致命的な件について」

 ――翌日――

P「あー。昨日の誤報についてだが、詳細は晶葉から説明があったはずだよな?」

フレデリカ「あったっけー?」

周子「あったよ、確か。結局誤解だったんでしょ?」

奏「Pさんに限ってそんなことあるはずないのに、真に受けた人もいたわよね」

美嘉「こっち見ないで」

P「うん、昨日のあれが誤解とわかってくれて嬉しい。やっぱり周知徹底は仕事の基本だよな。それで? なんで俺は会議室でパイプ椅子に座らされて後ろ手に手錠で拘束されてんの?」

志希「好感度を磁力に変換するスイッチでしょー? そんなの試さないなんて嘘だよね?」

周子「でも晶葉ちゃんってホントすごいよねー。昨日の今日で作ってきてくれるんだもん」

フレデリカ「ここにございますはN極スイッチが五つ!」

美嘉「はい、プロデューサー。改良型S極スイッチ」

奏「改良型は同時押しをしなくても磁力が発揮されるんだとか。Pさんは動けないから、私が代わりに押すわね」

P「うん、みんな落ち着こうか? おい奏、スイッチを押し付けるな。ぐいぐい押すな。というか無理やり押させても発動するのか?」

奏「その点は抜かりないそうよ?」

P「晶葉の仕事ぶりが今この瞬間は憎たらしい。というかお前ら、ちょっと待て。S極一個にN極五個? え、なに? もしかして全員で同時にスイッチを押して、誰が一番好感度が高いか調べようって魂胆じゃないよな?」

美嘉「……ゴメンね、プロデューサー」

志希「にゃはは、ご明察ぅ~」

フレデリカ「フレちゃんのらぶをプロデューサーに思い知らせてあげるいい機会かなーって」

奏「人は愚かだから。力を試さずにはいられないの」

周子「見えないモノを見えるカタチにするって面白そうだしね」

P「Tulipの皆々様におかれまして、八つ裂きというものをご存知でしょうか。四つ裂きや車裂き、牛裂きなどとも呼ばれる処刑方法でして。まさにこの状況はそれに該当するのではないかと」

奏「身を引き裂くほどの愛……悪くないわね」

志希「この際だから身をもって知るといいんじゃない?」

フレデリカ「プロデューサーは幸せだねー。愛されまくってるねー」

周子「あたしも黙って見てられるほど冷めてるわけじゃないし」

美嘉「頑張って、プロデューサー。もしもの時は晶葉ちゃんがなんとかしてくれるから」

P「いやああああ助けてええええええ! 誰かあああああああああ!! 助けてえええええええ!!!」


8:2017/03/29(水) 22:37:39.60 ID:
未央「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん!」

凛「大丈夫、プロデューサー」

卯月「おはようございます、プロデューサーさん!」

P「さすがニュージェネ! 頼りになるゥ!」

奈緒「おっす。あたしもいるぞ、Pさん」

加蓮「はーい。私もいまーす」

P「奈緒に加蓮! ありがとう、みんなで助けに来てくれたんだな!」

奈緒「助けにきた……のかな」

加蓮「この場合はどうなるんだろうね」

P「な、何しに来たんだよ」

凛「なにって、天下一舞踏会だけど?」

P「天下一舞踏会」

未央「最強のシンデレラを決めるバトルロワイアルだよ」

P「最強のシンデレラ」

卯月「そうです。でも物理的な勝負じゃないんですよ? 愛と平和を尊ぶ遵法精神旺盛な現代人として、極めて理知的な方法でシンデレラを決するんです!」

P「……奈緒と、加蓮も、そうなん?」

奈緒「あたしは、凛に誘われて仕方なく……」

加蓮「誰にも負けないって陰ながら息巻いてたのは誰だったかなー?」

奈緒「あっ、あれは! その、言葉の綾で……」

加蓮「ふーん。まあいいけどね。奈緒の本音はすぐにわかるわけだし」

P「待って。えっ? 最強のシンデレラを決めるバトルロワイアルで? ラブ&ピースで? 一般人程度の戦闘力しか持たない奈緒と加蓮がいるのに? 天下一舞踏会? まさか、勝敗の判定は……」

凛「もちろんこの磁力スイッチだけど」

P「なんで凛がN極スイッチ持ってんの? 未央も卯月も奈緒も加蓮もどうして持ってんの?」

加蓮「晶葉ちゃんが一晩でやってくれました」

P「ジェバンニィぃぃぃい!!!」

未央「安心して、プロデューサー!」

卯月「勝負は一瞬で決まります!」

P「嘘だろ? N極スイッチ十個とか洒落にならないぞ!? 五体不満足で済めば御の字な大惨事になるぞ!?」

奈緒「もしそうなっても、あたしが一生介護してやるからな」

加蓮「入院生活は任せてよ。バッチリサポートしてあげる」

P「くそ! 俺が一体なにをしたって――もがもがもが!?」

フレデリカ「はーい、うるさいお口はチャック(猿轡)しちゃおうねー」

奏「なにをしたというか……なにもしなかったというか」

周子「乙女心を弄んだ? みたいな」

志希「期待させるだけさせといて放置ってのはねー」

美嘉「……擁護は、できないかな」

凛「自業自得って言葉、知ってる?」

未央「プロデューサーが悪いんだからね!」

卯月「えへへ、頑張ってくださいね、プロデューサーさん!」

加蓮「ふふっ。なんだかドキドキしてきちゃった」

奈緒(……落ち着け、あたし。イメージするのは常に最強の自分……!)

P「もがもが! もがが! もがあああああああああああああああああああああ!」

 ――ポチッ x10


17:2017/03/30(木) 00:59:39.39 ID:

このテンション嫌いじゃない
でも>>8の場面、どうなったんでしょうね…
パイプ椅子に縛られたモバPが飛んで来るとか、下手したらしんでしまいますね

19:2017/03/30(木) 01:42:55.54 ID:

>>17
10等分されて破片しか飛んでいかないから大丈夫でしょ(適当)

9:2017/03/29(水) 22:38:15.04 ID:
晶葉「できたぞ助手! 抱き枕がアイドルにしか見えなくなるスイッチだ!」

P「さすがあきえもん! 世紀の大発明をカップ麵でも作るかのような気安さでやってのけるゥ!」

晶葉「マッドサイエンティストA・Iに不可能はない! たまには助手の苦労を労ってやろうという計らいだ! それに先日の磁力スイッチでは迷惑をかけたしな! まさかああまで見事なポップコーンになるとは思わなかったぞ! 受け取るがいい、助手よ! 謝罪の証だ!」

P「欣喜雀躍! 欣喜雀躍!」

晶葉「ふはははは! 喜びすぎだぞ助手! 血涙はさすがの私もちょっと引く!」

P「ごめんな。あまりにも嬉しくて……この歳になるとサプライズとか本当に弱くて……」

晶葉「隣の仮眠室に枕も用意しておいたからな。スイッチを押してから開けるといい」

P「うおおおおおおお! 晶葉ぁぁぁあああああああ!!! アィラァビュゥゥゥウウウウウウ!」

晶葉「ええい、寄るな抱くな頬ずりするな! 白衣に血が付く!」

P「うっ……うっ……ありがとう……ありがとう……!」

晶葉「ああ、もう。いい大人が泣くんじゃない。ほら、深呼吸して、スイッチ押して、ゆっくり寝てこい」

P「うん、うん……お休み、晶葉」ポチッ

 ――マッドサイエンティスト専用仮眠室――

P「さて、いつも晶葉が使ってる仮眠室だが……入るのは初めてだな。なんだこれ、部屋の真ん中に棺桶……いや、酸素カプセル? まさか自作かよマジぱねえな晶葉。そして操作盤には一目でわかる開閉ボタンとセットタイマー。ユーザーインターフェースまで洗練されてるとかホント天才すぎるだろ。よし、開けるぞ。開けゴマ!」

まゆ「こんにちは、Pさぁん」シュルルルルッ

P「助けてぇ! あきえもん! あきえもーん! 助けて! まゆが! まゆがァ! カプセルの中からまゆと無数のリボンがぁ!」

晶葉「うるさいぞ、助手。どうした、血相変えて」

P「変えずにいられるか! カプセル開けたら中にモンジャラがいたんだぞ!? 真っ赤なリボンがテンタクルで! 心臓止まるかと思ったわ!」

晶葉「あー、助手。忘れたのか。今の助手には抱き枕がアイドルに見えるんだぞ?」

P「え?」

晶葉「それはスイッチの効果だ。私は実際に酸素カプセルの中に抱き枕を入れておいた。それがまゆに見えるんだろう」

P「滅茶苦茶リアルなんだけど!?」

晶葉「助手よ、私を誰だと思っている。マッドサイエンティストA・Iだぞ? その程度、造作もないことだ」

まゆ「そうですよぉ? いまのまゆは、抱き枕ですから。ほら、早く一緒に寝ましょうよぉ」

P「幻聴まで聞こえるんだけど!?」

晶葉「はっはっは! 大成功だな! 私のスイッチは五感すべてに作用する。その抱き枕がまゆに見えるなら、それは助手が認識している佐久間まゆそのものだ。しゃべりもすれば抱き着いても来るだろう。無視すれば怒るし、いじわるすればすねたりもする。扱いには気を付けたまえ」

P「待って。晶葉、これじゃ寝られない。逃げ場のない酸素カプセルの中でまゆと一緒に寝るとか何されるかわかんない!」

晶葉「助手よ、いいか。それは抱き枕だ。抱き枕がアイドルに見えているだけだ。助手が望まない限りは何もしてこない。もしもその抱き枕がそういうことをしてきたのだとすれば……すなわち、助手がアイドルにそういうことしてほしいと願っている、ということだ」

P「つまりそれは」

晶葉「そうだ。いまふたたび魂(ソウル)が試されようとしている。では健闘を祈るぞ」ゥンバサァ

P「………………」

まゆ「二人っきりですね♪」

P「世界とは悲劇なのか」

まゆ「まゆと一緒にお昼寝するの、そんなに嫌ですかぁ?」

P「嫌というかむしろ好ましいが、ほら、アレだ。今のまゆはつまり俺の願望なんだろ? 二人で寝るにはどう考えても密着せざるを得ない、こんな小さいカプセルで寝た場合、どんなT〇LOVEるが起きるかわかったもんじゃない」

まゆ「なるほど。つまりPさんは、まゆに対してえ●ちなことをしたいんだけど、そんな自分を認めたくないわけですね?」

P「ぼくプロデューサー。きみアイドル。認められるわけないよね? わかるよね?」

まゆ「そうですね。でも、大丈夫ですよ。まゆはPさんのこと信じてますから」

P「まゆ、いいかい? 男って生き物は簡単に野生開放しちゃうんだ」

まゆ「サカリパークでずっこんばっこん大騒ぎしちゃうんですね」

P「佐久間ァ! 言い方ァッ!」


10:2017/03/29(水) 22:39:10.70 ID:
まゆ「どうですか、Pさん。まゆの抱き心地は」

P「ふぇ……お布団には勝てなかったよぉ」

まゆ「Pさぁん?」

P「俺が抱いているのは果たして抱き枕なのか佐久間まゆなのか。これもうわかんねえな」

まゆ「もう、Pさん。まゆは抱き心地を聞いてるんですよ? ねぇ、まゆのカラダ……気持ちいいですか?」

P「まずね、柔らかい。適度な弾力と大きさのふわふわましゅまろボディ。それといい匂いがする。吸い込むたびに頭の奥がダメになる匂いがする。最高。それに耳が幸せ。CV牧野由依の浸透力で鼓膜がとろけりゅぅ。そしてなによりまゆは可愛い。十段階評価で一〇〇点かな」

まゆ「もう……/// まゆのことそんなにキュンキュンさせても、お●ぱいはでませんからね?」

P「まゆのお●ぱいとか……どう考えても幸せ満点すぎだろ……」

まゆ「ふふっ。口に含むだけならできますよ? しちゃいますか?」

P「まゆぱいぱい……だが俺は……プロデューサーで…………zzz」( ˘ω˘)スヤァ……

まゆ「あらあら。もう寝ちゃった……お疲れなんですね、Pさん。じゃあ、まゆも寝ちゃいますね。とっても幸せな夢が見られそうです……お休みなさい、Pさん」

  ――ラボ・中央観察室

晶葉「ふぅ……なんとかなったか。磁力スイッチの件でまゆが鬼子母神を降ろした時には死を覚悟したが、この分なら機嫌も直してくれるだろう……それにしても助手め、スイッチと偽っただけでホイホイ信じるとはな。もう少し人を疑うということを……いや、待てよ。これはプラシーボ効果の計測に理想的な実験材料では……例えば助手にスイッチを押させて、事情を説明したアイドルを事務所の仮眠室に待機させておけば……ハグにはお布団と同等のリラックス効果がある……つまりハグをしながらのお布団は無限の可能性……アイドルのガス抜きとしても一定の効力が……検討の余地はあるな……」ブツブツ

      -Fin-


11:2017/03/29(水) 22:39:47.23 ID:
ちゃまと一緒にオフトゥンでスヤァしたいだけの人生だった。終わります

12:2017/03/29(水) 23:02:34.43 ID:
おっつ

13:2017/03/29(水) 23:23:42.37 ID:
乙。一流のssが読めて私は嬉しい

14:2017/03/29(水) 23:25:12.63 ID:
楽しかった

15:2017/03/30(木) 00:06:58.74 ID:


16:2017/03/30(木) 00:23:43.57 ID:
おつ
>まゆ「サカリパークでずっこんばっこん大騒ぎしちゃうんですね」
の破壊力は強烈だった

18:2017/03/30(木) 01:30:22.35 ID:
乙乙
俺もあきえもんの実験台でいいからなりたい

20:2017/03/30(木) 02:07:24.64 ID:
TulipじゃなくてLIPPSゾ

21:2017/03/30(木) 02:38:27.25 ID:
乃々の話は割と感動的だった。
なお森久保の脳内。