男「なぁ、幼馴染」幼馴染「何よ?」

1:2017/03/30(木) 04:27:12.74 ID:
男「お●ぱい触って良い?」

幼馴染「は? [ピーーー]」

男「お前、[ピーーー]って……!? [ピーーー]はさすがにないでしょ!?」

幼馴染「あ、ごめんね。お亡くなりになって?」

男「意味同じッ!!?」

幼馴染「というか、いきなり何よ?」

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1490815632


2:2017/03/30(木) 04:28:20.76 ID:
男「俺、目覚めたんだ。幼馴染って言う属性に」

幼馴染「属性?」

男「幼馴染ってさ、言うなれば、負けフラグビンビンじゃん?」

幼馴染「何よ、負けフラグって」

男「つまり、俺の周りに一杯女の子が居て、その中で幼馴染って言うステータスだけじゃ埋もれちゃうって訳だよ」


3:2017/03/30(木) 04:28:50.48 ID:
幼馴染「アンタ、男友達多いけど、女友達少ないじゃない」

男「そ、それは置いておいて……」

幼馴染「それに、私、別にアンタに好意持ってないわ」

男「……」ズーン

幼馴染「ちょ、ちょっと? 大丈夫?」

男「……構わないでくれ、帰ってくれ」


4:2017/03/30(木) 04:29:20.13 ID:
幼馴染「ちょ、ちょっと冗談よ。ちょっと、ねぇ?」

男「やめろ。俺に優しくするな。勘違いしちゃうだろ」

幼馴染「えっと、その近すぎてそういう対象に見てなかっただけだから、なんというか、弟? みたいなイメージだったし」

男「せめて、兄にしろ」

幼馴染「ちょっと無理だわ」


5:2017/03/30(木) 04:29:47.95 ID:
男「…………」ズズーン

幼馴染「あぁ、もう面倒臭い!」

男「ま、それは良いとして!」

幼馴染「相変わらず、立ち直り早いわね」

男「そこまで傷ついてないとも言える」


6:2017/03/30(木) 04:30:20.15 ID:
幼馴染「まあいいわ。それで?」

男「俺は一つ、重大な過ちを犯していた」

幼馴染「何よ?」

男「俺は後輩、先輩、生徒会長、クーデレ、ツンデレ、ヤンデレ! この六人から一斉に告白された」

男「まさにハーレムと言っても良い。だが、これは長続きしないタイプのハーレムだ」


7:2017/03/30(木) 04:30:48.62 ID:
男「普通、ちょっとずつ仲良くなっていって、なあなあで付き合うのが普通だろ?」

幼馴染「そうね」

男「だから、ぶっちゃけ告白とかは重たい!」

幼馴染「それで、何のギャルゲーの話よ?」

男「ギャルゲー違う! 事実!」


8:2017/03/30(木) 04:31:16.93 ID:
幼馴染「まあ千歩譲って現実として」

男「そ、そこまで信じられないか?」

幼馴染「ええ」

男「クッソー! 昔の幼馴染はおとこーおとこーってくっ付いて来てたのに!」

幼馴染「ちょ、その写真をよこせぇぇ!!」バッ

男「ううぅ、男悲しい」サッサッ


9:2017/03/30(木) 04:31:44.84 ID:
幼馴染「くっ! こんな時だけ、持ち前の反射神経使いやがって!」

男「ま、これはいいや」シマイシマイ

幼馴染「返せよ! というか凄く嫌なんですけど、私のちっちゃい頃の写真持ってるとか、ドン引きよ!」

男「む、すまん!」

幼馴染「誠意が足りないわ!」

男「はい、とぅいまてーん!」

幼馴染「それはふざけてるわ!」


10:2017/03/30(木) 04:32:11.59 ID:
男「どうも、すまなかった……」

幼馴染「それはちょっと重いわ」

男「面倒臭い!」

男「それでな、その連中からの告白を俺は保留にしたんだよ」

幼馴染「誰に決めるか迷ってるって事よね?」


11:2017/03/30(木) 04:32:41.00 ID:
男「そうだな。俺はできる事なら、お前が良いんだが」

幼馴染「私はごめんだわ」

男「うっ! 真顔で……! ま、これで、決心ついたし、俺は誰にするか決めてくるよ」

幼馴染「末永くお幸せにー」

男「おう!」


12:2017/03/30(木) 04:33:11.31 ID:
幼馴染(何よ、あんなホラ話する為にわざわざ来たの? で、でも……あー! 私のバカ! どうして、あの時に私もって言わなかったのー!!)

幼馴染(ちょ、ちょっとアイツの様子見てこようかな……)

幼馴染(あれ? アイツ、家と反対側に向かって行った? ま、まさか本当に……!?)

幼馴染「いってきまーす!」ガチャッ

幼馴染(じょ、冗談でしょ。ア、アイツが……)

幼馴染「待って! 男」タッタッタ


13:2017/03/30(木) 04:33:53.57 ID:
公園

男「ついに決着をつける時が来たみたいだ……」

後輩「先輩!! 誰にするんですか!」

先輩「当然、私よね? 後輩君?」

生徒会長「私は風紀を乱すのは、君とが良いのだ!」

クーデレ「わ、私は、君が欲しいな」

ツンデレ「べ、別に好きでここに来た訳じゃないんだからね!」

ヤンデレ「男さん男さん男さん男さん男さん男さん男さん男さん男さん男さん」


14:2017/03/30(木) 04:34:22.01 ID:
男(まず、ツンデレとヤンデレはないな。面倒そうだし)

男(だったらクーデレか、生徒会長先輩か、後輩か……)

男(……ここで、幼馴染が来て、告白! みたいな感じにならないかなぁ……)

男(正直、今居るすべての属性を網羅しているアイツが最高なんだよな。あ、ヤンデレはないか)


15:2017/03/30(木) 04:34:57.15 ID:
男「俺は……」

男「俺は…………」

男「俺は………………っ!」

幼馴染「待って!」

男「うお!?」

幼馴染「私、男……あなたが好きです。どうか私と付き合ってください!」


16:2017/03/30(木) 04:35:29.98 ID:
ヤンデレ「あら、何かしら、このメスガキいきなりしゃしゃりでて」

男「ヤンデレさん。そこまで演技しなくても良いよ?」

ヤンデレ「あらぁ? この役結構楽しかったのにねぇ?」

生徒会長「それでは、男君。私達は君達の邪魔をしないよう、ここは退散するとするよ、約束忘れないようにな?」ニコッ

先輩「私もちゃんと守って貰わないと困るよ?」

後輩「絶対ですからね!」


17:2017/03/30(木) 04:35:55.57 ID:
クーデレ「私の小説のネタになったから、私はそこまで気にしてないよ」

ツンデレ「このカツラさっさと取りたかったのよね、というかなんで私だけ金髪ツインテールなの?」

男「属性的に絶対不可欠だからだよ!!」

ツンデレ「あっそ……」

男「さ、幼馴染、行こうぜー」

幼馴染「ちょっと……待てや、どういう事よぉぉぉぉ!!?」


18:2017/03/30(木) 04:36:30.08 ID:
男「え? いや、お前を騙すための小芝居だよ。コイツら全員、俺の友達よ?」

幼馴染「こ、こんな茶番に手伝ってくれる友達が六人も――!?」

男「あぁ、一応、約束事があるけどな。まず後輩は遊園地に連れてってくれで、先輩は屋上で、弁当を振舞ませてくれって」

男「生徒会長は二人きりで、生徒会室で仕事を手伝ってくれで、クーデレは俺達のこれのネタ」

男「ツンデレは好きな物をなんでも一つで、ヤンデレは家で手作りのご飯を振舞わせてくれって。みんな良い奴だよな」


19:2017/03/30(木) 04:37:00.57 ID:
幼馴染「ちょちょちょ……私が居るのに、他の女の子とそういう事するつもりなの!?」

男「約束は約束だしな? ま、何されても、お前にしか靡かないって!」

幼馴染「そ、そう……?」

男「あぁ、約束だ!」

男「さ、手繋いで帰ろうぜ? 俺のマイハニー!!」

幼馴染「千歩譲ってそれはないわ」

男「……」ズーン


20:2017/03/30(木) 04:39:04.55 ID:
幼馴染「クスッ……ま、今日ぐらいはね? マイダーリン」

男「お、お前……」

男「そりゃ、さすがにねぇな。自分で聞いてて思ったわ」

幼馴染「本当よー!!!」ポコポコ

男「やめろー。運動部系の俺に殴り合いじゃ勝てないぞー。というか痛くないー」

幼馴染「はぁ……じゃ、帰ろっか」ギュッ

男「おう」ギュッ


21:2017/03/30(木) 04:42:57.56 ID:
男「よっす。約束通りだな」

後輩「はい! 凄く楽しみですよ!」

男「それで、まずは何に乗る?」

後輩「そうですね……まずは、ジェットコースター!」

男「……なしだな」

後輩「え? む、無理でした?」

男「ああ、だからジェットコースターじゃなくて、あっちにしよう」

後輩「……か、観覧車? あ、あれって最後じゃないですか?」

男「ムードとか知らない男だから、俺」


22:2017/03/30(木) 04:43:39.26 ID:
後輩「……」ズーン

男「どうした?」

後輩「こういうのってムード大事ですよね。ムード……」

男「俺は知らん」

後輩「うぅ……」


23:2017/03/30(木) 04:44:55.12 ID:
男「よし、次はオバケ屋敷だな」

後輩「どうして、ジェットコースターは無理で、オバケ屋敷はOKなんですか!?」

男「そりゃ、お前、怖さの部類が違うからだろうが?」

後輩「そ、そうかもしれませんが……」


24:2017/03/30(木) 04:46:53.08 ID:
ギャーッッ!! 

男「面白かったな」

後輩「わ、私は足腰が立たなくなりましたよ……」

男「さてと、そろそろ帰るか」

後輩「はやっ!」

男「そんな事言っても、もう五時回ってるよ?」

後輩「嘘!? あーあーじゃあ、最後に!」

後輩「今日はありがとうございました!」

男「おう、じゃ、一緒に帰るか」

後輩「うぅ……急ぎ足だー」


25:2017/03/30(木) 04:48:49.82 ID:
先輩「あら、後輩君。ちゃんと来たのね?」

男「そりゃ、俺は約束はきちっと守る男ですから」

先輩「あの、ちょっと満腹そうな顔をしてるけど、どうしてかしら?」

男「今日、家庭科の時間で、腹いっぱい飯食ったんすよね?」

先輩「……」

男「授業だから仕方ないっすよね?」

先輩「……」


26:2017/03/30(木) 04:50:09.94 ID:
先輩「詰め込みなさい!!」

男「ぐああああ!!!」

先輩「約束は約束なんでしょー!!」

男「おぎゃあああああああああ」

先輩「男に二言はないんでしょ」

男「うぐりゃぁぁぁぁあああああ」

先輩「はい、お粗末さまでした」

男「ブクブク……」バタッ


27:2017/03/30(木) 04:51:05.46 ID:
生徒会長「やあ、男君。待ってたよ」

男「いやあ、放課後も居残りって大変すよね?」

生徒会長「まったくだ。では、さっそくはじめようか」

男「あいあいさー」


28:2017/03/30(木) 04:52:57.56 ID:
男「えっと、この書類は……?」

生徒会長「あ、これはここだ」

男「あぁ、ありがとうございます」

男「すみません。なんか逆に足引っ張ってません?」

生徒会長「そんな事ないよ。凄く捗っているよ」

男「そうですか? だったら、良いんですが」

生徒会長「少し、私は席を外すよ」パタン

男「あ、はい」

生徒会長「パソコンは絶対に開かないでくれ、わかったな」

男「え? あ、はい。そんな事しませんよ」ニコッ

生徒会長「よろしい、では」スタスタ


29:2017/03/30(木) 04:56:56.07 ID:
男「なんて言われたら、もう見ろってのと同じだよな……」パカッ

男「えっと……ビ、BL……」

男「……Tサンドだと!!?」

男「な、なんだ……生徒会長、お腹空いてるのかな? もしかして、何か買いに行ったのかな?」

三十分後

生徒会長「君の労いに、ほら、ジュースを買ってきたよ」

男「あ、ありがとうございます」

生徒会長「……」ガサゴソ

男(BLTサンドだ……)

生徒会長「……むっ? 何かね?」

男「いいえ、お腹空いてたんですか?」

生徒会長「ま、まあな……」

男「そうですか……」


30:2017/03/30(木) 04:58:20.85 ID:
生徒会長「今日はありがとう、男君」

男「いえいえ、これぐらい」

生徒会長「では、帰ろうか」

男「わかりましたー」

男(今度、裏でBLT会長って呼ぼう)


31:2017/03/30(木) 05:00:24.71 ID:
ヤンデレ「男君。来てくれたのね? 嬉しいわ」

男「いや、大丈夫だぜ?」

ヤンデレ「……これ、その私の手作りなんだけど……」

男「もう作ってたの! 凄いよ、この髪がいっぱいあったり、赤くなってたり、料理なの!? イジメ?」

ヤンデレ「嫌だわ、これは間違えたヤツだった。はい、これ」

男「へぇ、ちょっと良い匂いがするね? これは睡眠薬かな?」

ヤンデレ「……」


32:2017/03/30(木) 05:02:17.04 ID:
ヤンデレ「包丁、包丁っと……」

男「あの、無理にヤンデレっぽい事しなくても」

ヤンデレ「いいえ、私の本質はヤンデレよ」

ヤンデレ「男さん男さん男さん男さん男さん男さん男さん男さん!!!」

男「おっと、危ないなぁ」

ヤンデレ「ほ、包丁の切っ先をつかんで!?」

男「うらっ」パキンッ

ヤンデレ「!?」

男「俺は……お前に犯罪者になって欲しくない」

ヤンデレ「あ、あわ、あわわ……」バタンキュー


33:2017/03/30(木) 05:03:52.56 ID:
男「そうだな。お前はどっちかって言うと、バカ真面目ってのが、似合ってるよ。空回りしてばかりだけど」

ヤンデレ「っ! あ、毛布……男君は」

ヤンデレ「あ、料理なくなってる。ちゃんと食べてくれたんだ……」

ヤンデレ「今度はもっとちゃんとしたの、振舞ってあげたいな……」


34:2017/03/30(木) 05:04:53.43 ID:


35:2017/03/30(木) 08:24:56.67 ID:
ツンデレ…