提督「エイプリルフールだから嘘をつこうかな」

465b6b19.jpg
1:2017/04/01(土) 14:41:37.05 ID:
提督「そう言えばさ大井」カリカリ

大井「何ですか?北上さんの話題以外なら止めてくださいよ」カリカリ

提督「違うけど」カリカリ

大井「違うんですか、なら勝手に話してて下さい、聞き流しますから」カリカリ

提督「今まで黙ってたけどさぁ、俺田舎に恋人居るんだよね」カリカリ

大井「……はぁ?」ミシ

提督「今度帰省した時に式挙げる予定なんだ」カリカリ

大井「はぁ?」ビキッ

提督「てのは」チラッ

大井「はぁぁぁー!?」バゴン

提督(……執務机が割れた……)

大井「……」

提督「あの……大井……さん?」

大井「ちょっと体調が悪いので休ませてもらいます」スタスタガチャバタンッ

提督「……っべー、これやべーって」

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1491025296


3:2017/04/01(土) 14:51:35.23 ID:
提督「えっと……落ち着け俺……とりあえず大井がおかしくなった……いや変な意味ではないが」チラッ

机「折れたぜ……へし折れたぜ……真っ二つにな……」チーン

提督「いやいやいやここまで腕力強くないよね大井って!球磨はまだ分かるけど……えー何?」

ダダダダダ

提督「ん?何だ?」

球磨「提督は居るかクマー!」ドゴーン

提督「ドアが吹き飛んだー!?」

球磨「見つけたクマー」ユラァ

提督「おおお落ち着け球磨!何をそんなに怒ってるんだ!?」

球磨「これが怒らずにいられるかクマー!大井に何をしたクマ!」グイィ

提督「ストップストップ苦しいから」ギリィ

北上「球磨姉落ち着いてよ、それじゃ話聞けないしさ」

球磨「クマ……」パッ

提督「ケホッケホッすまん北上」

北上「絞めるのは話を聞いてからでいいじゃん」ニコォ

球磨「それもそうクマね」

提督「うわーい優しいなぁ北上様、でも笑顔が恐ーい」

球磨「さぁキリキリ吐くクマ!」プンプン

北上「嘘はダメだよ提督」ニコォ

提督(あっこれアカンやつだ)


4:2017/04/01(土) 14:54:11.95 ID:
相手考えろや!

5:2017/04/01(土) 15:07:36.10 ID:
これはついた嘘の責任を取らないとダメだな
田舎に帰って婚活するぴょん

6:2017/04/01(土) 15:08:14.75 ID:
提督(説明しました……そして)ギリギリ

球磨「クマァ……」ギリギリ

提督(絶命しまし……)ギリギリ

北上「ちょっと球磨姉そこまでだって」

球磨「クマ?」

提督(命が繋が)

北上「私も魚雷二十発くらい叩き込むから」ジャキン

提督(ってなかった)

球磨「分かったクマー」

北上「いくよー提督ー」

提督「ストップ!本当にしぬから!」

北上「うーん死なれたら困るけど、この怒りをどこにぶつけたらいいのかな?提督」

球磨「ならこの模擬断頭の魚雷を使うクマー」

北上「酸素魚雷発射!」ドシュシュシュン

提督「ぐはぁ!」ドゴゴゴゴ

球磨「ふぅーさて落ち着いたクマー」

北上「とりあえず一旦この辺で、残りは後でな提督」

提督(終わりじゃないの!?)

球磨「とりあえず理由は分かったクマ」

北上「あーどうしようか?て言うか提督も何でそんな嘘ついたのさ?よりによって大井っちに」

提督「いやその……なんか普段からアピールしてきてる艦娘とかだとショックかもって思って、今日ちょうど秘書艦だったし大井って俺に対していつも興味とかなさげだからいいかなーって」

球磨「……はぁ……この鈍感提督クマ」

北上「こりゃ先が思いやられるわー、大井っちも大井っちだけどさぁ」

提督「?」


7:2017/04/01(土) 15:18:57.08 ID:
提督「えっと二人は理由とか分かってるの?大井があんななった」

球磨「……北上ちょっと来るクマ」

北上「提督はそこにいてね」

提督「え?うん」

球磨「どうするクマ?この流れで全く気付いてないクマ」ヒソヒソ

北上「でも私達が勝手に言うのもねぇ、大井っちに悪いよね」ヒソヒソ

球磨「提督自身になんとか気付かせるのがベストクマが」ヒソヒソ

北上「……まずどこまで理解出来てるかだよね」ヒソヒソ

球磨「確認してみるクマ、提督」

提督「ん?何だ?」

球磨「大井がああなった理由は何だと思うクマ?」

提督「え?うーん……何だろ?俺の嘘が理由なんだよなタイミング的に……だとしたら大事な事を黙ってた事とか?」

北上「ある意味そうなんだけどね」

提督「もしくは俺に先を越されてショックだったとか?」

球磨「どう展開したらそんな理由を思い付くんだクマ?」

提督「その辺かな?」

北上「違うからねー」

提督「えっ?でも他にあんなに怒る理由なんて……」

球磨「……北上」

北上「……うん」

球・北「「根本的な所が分かってない(クマ)」」

提督「え?」


8:2017/04/01(土) 15:27:01.81 ID:
球磨型の部屋

木曾「おっ大井姉、おやつ食うか?」

大井「……いらない」

多磨「じゃあとりあえずお茶でも飲むにゃ」

大井「……いりません」

木曾「あーじゃあ」

大井「今はそっとしておいて……」

多磨「分かったにゃ」

大井「……」グスン

木曾「多磨姉!どうすんだよ!」ヒソヒソ

多磨「とりあえず球磨姉と北上が戻って来るまで待つにゃ、提督が何かしたのは間違いないにゃ」ヒソヒソ

木曾「でもよぉ急に戻ってきてそのまま布団に潜って泣いてるんだぜ?このままって訳には」ヒソヒソ

多磨「でも刺激しない方が良いこともあるにゃ」ヒソヒソ

大井「……うぅ……」グスン

木曾「だぁー!俺も行けば良かった」ヒソヒソ

多磨「でもこの大井を置いてく訳にもいかないにゃ」ヒソヒソ

大井「……バカ……」グスン


9:2017/04/01(土) 15:40:44.91 ID:
球磨「ただいまクマ」

北上「ただいまー」

木曾「球磨姉!北上姉!」

多磨「待ってたにゃ!」

球磨「大井はどうクマ?」ヒソヒソ

木曾「あのまんまだ」ヒソヒソ

北上「とりあえず提督に話聞いてきたよ」

大井「!」ビクッ

多磨「にゃ!」

大井「……」グスン

木曾「あの大井姉がこんなになるなんて、提督の奴は何をしたんだ?」

球磨「斯々然々罰々熊々クマ」ヒソヒソ

木曾「ちょっと魚雷撃ち込んで来る」ヒソヒソ

多磨「来年の春まで炬燵の中を占拠してやるにゃ」ヒソヒソ

北上「多磨姉のおかしくない?」ヒソヒソ

球磨「まぁとりあえず今回の事は単にエイプリルフールだって言えば何とかはなるクマ」ヒソヒソ

北上「でもそれじゃ根本的な解決にならないんだよね」ヒソヒソ

木曾「じゃあどうするんだ?」ヒソヒソ

多磨「大井に告白でもさせるにゃ?」ヒソヒソ

球磨「出来るならとっくにしてると思うクマ」ヒソヒソ

北上「大井っちてばバレてないって思ってるんだよね、まぁ提督には本当にバレてなかったけど」ヒソヒソ

木曾「マジかよ……」ヒソヒソ

多磨「鈍感すぎるにゃ」ヒソヒソ

球磨「だから頭を抱えてるクマ」ヒソヒソ

大井「……」グスン


10:2017/04/01(土) 16:06:41.53 ID:
球磨「とりあえず提督がこの後来るクマー」

大井「!」

北上「とりあえず大井っちも布団から出てきてさ」

大井「……です」

多磨「何だにゃ?」

大井「嫌です……今は会いたくないです提督とは」

木曾「いやでも」

大井「いいから!提督を部屋に入れないで!」

球磨「まぁまぁ話くらいは」

大井「しません!」

北上「大井っちーほら私の顔を立てるつもりで」

大井「無理です……北上さんでもダメです……こんな姿……」

多磨「にゃ?」

大井「何でもありません!」

球磨「……だそうだクマ提督」

大井「え?」

提督「あー大井?布団から出てきてもらえないか?」

大井「何でいるんですか!?あと嫌です!」

北上「大井っちーとりあえず提督の話を聞いてよー」

提督「あのな大井、実はさ」

ピョーン マタンカー!

提督「ん?何の騒ぎだ?」

長月「どこ行った?」

球磨「クマ?長月クマ?」

長月「司令官!卯月姉さんを見なかったか?」

提督「いや見てないが」

長月「見かけたら教えてくれ!あいつエイプリルフールだからって大嘘をついたんだ、流石に今回は許せん!」

提督「おっおう分かった」

長月「頼んだぞ!卯月姉さん!どこだ!」ダッ

提督「あーまぁ卯月は毎年やるからなぁ」アハハ

多磨「あそこまで怒るなんて、いったいどんな嘘をついたにゃ?」

提督「まぁせっかくだしってことだろ、あはは……は?」ゾワァ


11:2017/04/01(土) 16:13:28.08 ID:
提督(何だこの……空気が凍る様な……これは……)ゾワァ

大井「エイプリル……フール?」

提督(●気!?)チラッ

大井「うふふーまさか……ねぇ?まさかですよね?提督?まさか嘘だったとか?言わないですよね?言ってくれますよね?」ユラァ

提督(どっち!?)

大井「ねぇ提督?答えて下さい」ジャキン

提督「だっ誰か」

コツゼン

提督(いねー!俺と大井しかいねー!いつの間に!?)

大井「て・い・と・く?」ゴリィ

提督「……うっ」

大井「う?」ニコォ

提督「うっそぴょーん」

大井「海の藻屑となりなさいな!」ドシュシュシュン

提督「ぬわーーーー!」チュドーン

大井「この!バカー!」ドシュシュシュン

提督「あべしっ」チュドーン

球磨「ふぅ……危なかったクマー」

北上「間に合ったね」

木曾「いいのか?あれ止めなくて」

多磨「なら木曾が止めるにゃ」

木曾「成仏しろよ提督」


12:2017/04/01(土) 16:24:10.58 ID:
提督「生きてた……良かった……」

北上「いやーよく生きてたよねー」

提督「うん……流石にしんだかと思った」

北上「でもさ、これでまぁ色々分かったんじゃない?」

提督「そうだな」

北上「うんうん」

提督「大井って嘘嫌いなんだなきっと」

北上「一回本当にしんでみる?提督、そしたら直るかも」

提督「何が!?」

大井「うぅ……あんな姿見られた……提督に……バレた……絶対バレた……今まで隠してたのに」ブツブツブツブツ

木曾「こえーよあれ」ヒソヒソ

多磨「結局また布団から出てこなくなったにゃ」ヒソヒソ

球磨「提督以外にはとっくにバレてたクマー、何故隠せてると思ってたクマ?」ヒソヒソ

木曾「秘書艦の時は勿論それ以外でも提督と飯のタイミング合わせたりとかなぁ」ヒソヒソ

多磨「提督の好みのお茶の淹れ方とか探ってたにゃ」ヒソヒソ

球磨「提督の前でも割りと分かりやすかったクマー」ヒソヒソ

大井「これからどんな顔して会えばいいの、今まで隠してたのにどんな態度で会えば……あぁ提督」ブツブツブツブツ

球・多・木(((怖いって……(クマ)(にゃ))))


13:2017/04/01(土) 16:33:35.29 ID:
提督「やっと完治した……机も新しくなったし、とりあえず今日は秘書艦大井か……こないだの事謝らないとな」

大井「失礼します提督」コンコン

提督「んっおう」

大井「おはようございます提督」

提督「おはよう、そんじゃいつも通り頼む」

大井「はい分かりました」ズリズリ

提督「……ん?」

大井「さぁ始めましょう」

提督「あのー?大井さん?」

大井「何ですか提督」カリカリ

提督「なして隣に椅子を?」

大井「何か問題でも?」カリカリ

提督「いえ無いです」

大井「そっそれよりも……この間の事で……」カァ

提督「あぁごめんな大井お前の気持ちとか考えずに」

大井「いっいえ、よく考えたら私もその……隠してましたし」

提督「おう悪かったな今度からは気を付ける」

大井「はっはい」

提督「嘘嫌いだったんだな、お前には嘘つかないように気を付けるよ」

大井「もう一回食らっておきます?」ジャキン

提督「何でー!?」

大井「せっかく人が素直になろうと決めたのに!」ドシュシュシュン

提督「なにをー!?」チュドーン

卯月「何だか騒がしいぴょん」

三日月「そうですね卯月姉さん」

卯月「所で三日月、そろそろ逆さ吊り解いて欲しいぴょん」

三日月「ダメですよ」

卯月「ぴょーん」


14:2017/04/01(土) 16:38:09.22 ID:
北上「エイプリルフールってわびさびだよねー」

北上「それじゃこれで、またどこかでねー」

球磨「誰に言ってるクマ?」

終わり


15:2017/04/01(土) 17:54:56.22 ID:
おつです
笑えるけどツンデレもそこまでいくとめんどくせえw

16:2017/04/01(土) 20:54:17.19 ID:
つーか正直提督が一方的に責められるのって理不尽よね

20:2017/04/01(土) 23:55:10.84 ID:
>>16
まぁ、ツンデレ(暴力系)はオワコン()ですし

17:2017/04/01(土) 21:21:34.34 ID:
おつー

18:2017/04/01(土) 21:46:09.88 ID:
球磨『おっと忘れてたクマ』

球磨『イッツ大嘘憑き、今日の話を無かった事にしたクマ』

球磨『お前も大井に話したらダメだクマ』

北上「……嘘だよー」


19:2017/04/01(土) 22:42:03.55 ID:
球磨川さんじゃないすかヤダー

21:2017/04/02(日) 01:03:42.77 ID:
クサレ大井っちが減り、代わりにLOVE勢大井っちが増える……いいことだと思います

22:2017/04/02(日) 03:42:44.98 ID:
優秀な球磨ちゃんが紙耐久の最弱大嘘憑きになってまう

23:2017/04/02(日) 17:29:49.04 ID:
その代わり轟沈しても進撃すると復活してたり、ボス戦中に良さげな事言いながら急に全快するんですね分かります

とりあえずHTML依頼してきます

そのうちここの大井っちと提督で何か書こうかな……五月から艦これパソコンで出来るからスマホ使える時間増えるし、まぁ気が向いたら見てください

あとこれだけは言っておく……大井っちはレズじゃない、ライクかバイまでだ