【モバマスSS】モバP「誰か、一緒に…」

08cb549f.jpg
1:2017/04/04(火) 22:37:39.67 ID:
シーズン開幕!
のはずが、開幕3連敗…。この西武戦から巻き返して行けば…!

モバP「…」

ちひろ「どうしたんですか?難しい顔をして」

モバP「…野球中継を見ていたんです。おりっくす戦です」

ちひろ「はあ…」

モバP「友紀のやつは、上手くやって仁奈と茜を手に入れた…。俺も一緒に野球を見てくれる人が欲しい…」

ちひろ「仕事してください」

モバP「あ~。マジで誰か『一緒に見よ?』って言ってくれるこいねーかなー?」

ちひろ「そんな事言うなら、彼女でも作ればいいじゃないですか?野球好きな彼女でも」

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1491313059


2:2017/04/04(火) 22:44:29.92 ID:
モバP「…凛を呼ぼう」

ちひろ「無駄だと思いますよ。凛ちゃんは野球というよりサッカー派だと…」

モバP「善は急げ行ってみよう!」ピュー

ちひろ「…仕事しろよ。マジで…はあ…」

――

凛「…ヤダ」

モバP「なんでだよ!?俺と一緒に野球見ようぜ?」

凛「プロデューサーと野球を見るのは、悪くないけど、おりっくすはちょっと…」

モバP「…え?」

凛「だって、おりっくすってしばらく優勝してないでしょ?スター選手だっていないし、何というか?プロ球団なの?」

モバP「い、いちおうプロ球団だぞ。歴史も結構深いし…」

凛「まあ、昔は強かったよね。はんきゅーとか。でも今は?この10年でAクラス何回とった?」

モバP「えーっと…。08年と14年の2回だけです…」

凛「帰って。弱いチームの応援なんてカッコ悪い」バタン

モバP「…」


3:2017/04/04(火) 22:53:20.42 ID:
ちひろ「どうでしたか?」

モバP「断られました…。弱いチームの応援なんていやだって」

ちひろ「まあ、弱いですからね。去年は全部さいか――」

モバP「ああああああ!きこえねえ!ぜんぜんきこえねえ!」

ちひろ「子どもですか…。まあ、野球小僧ですね…」

モバP「こうなったら、友紀だ!コツ聞いてくる!」バタン

ちひろ「…多分駄目ですね。あれじゃあ」

――

友紀「おりっくす戦を見てくれるアイドルが欲しい?ムリムリ。おりっくすは駄目だよ」ケラケラ

モバP「なんだと?」

友紀「だってさ、まず弱いじゃん。去年何位?確か6位だよね?それじゃ女の子は振り向かないよ!」

モバP「おまえんとこのキャッツだって、2位でCS初戦敗退じゃないか!」

友紀「それでもAクラスで、日本一になれる可能性はあったんだよ。でも、おりっくすは?駄目だったじゃん」


4:2017/04/04(火) 23:08:47.78 ID:
モバP「でも、キャッツだって大分かーぷと離されていたじゃないか!それでも強いってか?」

友紀「はあ…。ほんっとうちのプロデューサーって頭悪いなあ…」

友紀「良い?一度しか言わないからちゃんと聞いてよ?」

友紀「キャッツは由緒ある球団で『大正義』なの。だから良いの。おりっくすは?由緒ある?」

モバP「それは一番あるぞ!なんたって――」

友紀「はんきゅうは駄目だよ。おりっくすじゃないんだから」

モバP「ずるいぞ!それじゃパリーグのほとんどは歴史が浅い球団ばっかりじゃないか!」

友紀「そういうことだよプロデューサー。歴史が人を呼び、大勢のファンに認められることで『大正義キャッツ』の名前が呼ばれるんだよ。今のおりっくすは到底駄目だよね」

モバP「ち、ちくしょー!」

友紀「さーてと、今日のキャッツは勝ってるかな~?」


5:2017/04/04(火) 23:12:04.22 ID:
――

モバP「うわぁぁぁん!ちひえもーん!」

ちひろ「人をねこ型ロボットみたいに呼ばないでください!――それでどうでしたか?」

モバP「友紀に大正義とは何か講義させられたよ~。悔しいよ~」

ちひろ「どうしようもないですね。おりっくすはまだ30年弱ですし…」

モバP「!そうだ。断れないアイドルを誘おう!そうしたら絶対に応援してくれる!」

ちひろ「もう考えが下衆ですね…。本当にアンタプロデューサーなの?」

モバP「そうと決まればくるみ~!」

続く!


6:2017/04/05(水) 02:24:44.75 ID:
おうまってるぞ

7:2017/04/05(水) 11:09:05.38 ID:
中ロ「裏切り者…」

8:2017/04/05(水) 14:06:09.18 ID:
10.19当日に身売りの発表する球団なんていらんよ

9:2017/04/09(日) 09:38:48.49 ID:
この続きだけ書いていきます…。貯金生活最高や!

モバP「くるみ~~~!」

くるみ「ぷ、ぷろでゅーしゃー…。どうしたんでしゅか?」

モバP「一緒に野球を見よう!な!?」

くるみ「プ、プロデューシャー…。近いでしゅ…」

モバP「あ、ああ…。すまない。どうだ?俺と一緒に野球を、おりっくすを見ないか?」

くるみ「くるみはバカでしゅから、ルールはよく分からないでしゅ…」

モバP「全然いいぞ!俺が教えてやる!」

くるみ「そ、それならいいでしゅよ」

モバP「よかった~。それじゃ、談話室にいこう!」

――談話室

モバP「野球は全く見ないのか?」

くるみ「うん…。くるみはスポーツはあんまり見ないかも…」

モバP「そうか、でも大体のルールは教えてやるからな」


10:2017/04/09(日) 09:48:23.44 ID:
テレビ『ここで、バッターはアダチです』

くるみ「このバッターのOPSってどれくらいでしゅか?」

モバP「え?おーぴーえす?なにそれ?」

くるみ「え?OPSは打率と長打率を足した値でしゅ」

モバP「あ、ああ!そうだった!すまんな。ド忘れしてたよ」

くるみ「相手ピッチャーはBB/9が高いピッチャーでしゅから荒れ球なんでしゅよね」

モバP「…ん?びーびーきゅー?バーベキューが何だって?」

くるみ「…もしかしてプロデューシャーは、野球の指標を知らないんでしゅか?」

モバP「…すまん。その系統はサッパリだ」

???「全く、野球を見るのに、ただ打った打たれたで一喜一憂するなんて…豚にはお似合いね」

モバP「その、脳髄にも突き刺さる悪寒のような声色は…やはりお前か財前時子!」

ビシィ!

時子「時子様。でしょ?豚」

モバP「は、ははぁー!時子様!」


11:2017/04/09(日) 21:08:02.46 ID:
くるみ「と、時子しゃん…。ぷろでゅーしゃーをいじめないで…」

時子「いじめじゃないわ。これは教育。ダメな豚を少しマシな豚へ育てているのよ」

モバP「えーっと。どういうことですか?」

時子「私が直々に、野球のなんたるかを教えてやるわ」

――んほぉぉぉぉぉ!

――事務所

モバP「…」ボロッ

ちひろ「お帰り…。どうしたんですか!?スーツがボロボロですよ!」

モバP「時子…様に野球のなんたるかを骨の髄まで教え込まれました…」

ちひろ「な、なにが分かったんですか?」

モバP「BB/9とか、UZRとか…」

ちひろ「大変でしたね…。それでお二人とは野球を見てくれそうなんですか?」

モバP「…くるみは時子様になついており、時子様は球場で観戦派だそうです。しかもVIP席で」

ちひろ「…仕方ありませんね」


12:2017/04/09(日) 22:21:26.36 ID:
モバP「くそぉー!誰か俺と野球観戦してくれー!」

留美「私がいるわよ」

モバP「る、留美さん!」

留美「私もこの年になって人肌が恋しくなってきたの。だから私と――」

???「おっと☆抜け駆けはなしだぜ☆」

???「そうです。抜け駆けは梨田。ですよ。ふふふ」

???「…私もプロデューサーさんと野球が見たいです」

???「私は元アナウンサーだから。野球の知識もわかるわ!」

???「野球観戦も一生懸命べんきょうするわ。だから、一緒に…」

ちひろ「良かったですね。プロデューサーさん。一緒に見てあげてくださいね」ニッコリ

モバP「んほぉぉぉぉー!」

劇終!


13:2017/04/10(月) 11:07:18.29 ID:

観戦どころかナイター(ホテル街スタジアム)しそうな人選が集まったな…