モバP「かわいいなぁ」

79f837a8.jpg
1:2017/04/10(月) 02:54:53.58 ID:
アイドルマスターシンデレラガールズです。?
キャラ崩壊。?
誤字脱字。

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1491760493


2:2017/04/10(月) 02:56:31.08 ID:
二宮飛鳥「キミは意外と大きいんだな」

モバP「ちょっと…そろそろやめないか?」

飛鳥「どうしてだ?こんなにも至福な空間だというのに」

モバP「もうそろそろ皆も帰ってくるからな?」

飛鳥「その時は見せつけてやろうじゃないか」

輿水幸子「…」

幸子(この声はプロデューサーさんと飛鳥さんだ…)

幸子(事務所で、このドアの向こうで…)

幸子「」ボンッ

幸子「なにしてるんですかふたりとも!!」バタン

モバP「あっ…」

飛鳥「やぁ幸子、ずっと盗み聞きしていたのかい?」

幸子「そんなことより!なんで飛鳥さんがプロデューサーさんに跨ってるんですか!」

飛鳥「これは対面座位といってね…」

幸子「説明しなくていいです!」


3:2017/04/10(月) 03:02:01.19 ID:
モバP「2人とも…」

飛鳥「それより幸子、顔が真っ赤じゃないか」

幸子「飛鳥さんは恥ずかしくないんですか!?」

モバP「喧嘩はやめてくれ2人とも!とにかく飛鳥はおりてくれ」

飛鳥「約束は約束だしね。そうだ挿入ってはいないから安心するといいよ」

幸子「ちゃんと説明してください、さもなくば早苗さんを」

飛鳥「ふふ…お互いを求めていただけだよ。身体を密着させ互いの温もりを」

モバP「飛鳥に言われてたんだよ、liveバトルに勝てたら御褒美をくれって」

幸子「なっ…」

飛鳥「キミにああすると疲れが取れるよ。じゃあボクはレッスンへでも」ガチャ

モバP「頑張ってこいよ」

幸子「…」ジト-

モバP「…どうかしたか?」

幸子「うすうす知ってましたけど、変態ですね」

モバP「ちょっとまて、それはおかしい」

幸子「年頃の女の子を座らせておかしいもなにもありませんよ」

モバP「はは…だよな…」

幸子「にしても、大胆ですね飛鳥さん」

モバP「奏とか志希の入れ知恵かなぁ」

幸子「もしかして、これから続けるんですか?」

モバP「本人の要求だし、飛鳥がするならするかな」

幸子「…ほら、プロデューサーさん!世界一カワイイ輿水幸子です!」

モバP「うん」

幸子「なにをすべきかわかっているでしょう!」

モバP「幸子はかわいいなぁ」ナデナデ

幸子「もう…プロデューサーさんはよくわかってますね!さすがボクのプロデューサー」ニンマリ


4:2017/04/10(月) 03:03:25.63 ID:
モバP「事務処理事務処理楽しいなー」

ちひろ「楽しそうですねプロデューサーさん」

モバP「楽しいですよ?」

速水奏「あら、2人だけかしら?」ガチャ

ちひろ「おはようございます奏ちゃん」

モバP「おはよう、奏」

奏「おはよう2人とも」

ちひろ「奏ちゃん、お茶入れてきましょうか?」

奏「ううん、大丈夫よ」

ちひろ「プロデューサーさんは?」

モバP「熱いのお願いします」

ちひろ「はい、じゃあいれてきますね」ガチャ

モバP「お前あと2時間くらいあるぞ?早すぎじゃないか?」

奏「いいの、貴方に会いに来たのだから」

モバP「大人をからかうのはやめなさいな」

奏「ねぇ…キスしない?」

モバP「馬鹿なこと言うんじゃありません」

奏「残念、今日は乗り気じゃないのね」

モバP「そりゃ我慢しなきゃならんからな」

奏「え?」

モバP「俺だって…奏を求めたくてたまらないよ」

奏「…」ミミマッカ

モバP「…冗談だよ」


5:2017/04/10(月) 03:04:59.06 ID:
幸子「カワイイボクと」

ちひろ「か、かわいい私がきましたよ…」カァァ

モバP「ちひろさん、いいですね!」

ちひろ「やめてください…」

奏「おはよう幸子。今日は一緒に頑張りましょうね」

幸子「おはようございます奏さん。こちらこそお願いしますね!」

奏「ところであと2時間くらいあるのだけれど?」

幸子「宿題を持ってきてるので大丈夫です!」

モバP「幸子は偉いな」

幸子「そうだ!プロデューサーさん!いつもの!」

モバP「はいはいかわいいかわいい」ナデナデ

幸子「最近雑です!もっとこう、愛を込めて!」

モバP「がわ゙い゙い゙な゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ざぢごぢゃ゙ん゙」

幸子「むぅー」

奏「…」ジ-

モバP「どうした?」

奏「いえ、なにもないわ」

幸子「えへへぇ」

モバP「はいおわり!宿題頑張れよ」

幸子「終わりですか…?」

モバP「ちひろさんにしてもらってこい」

ちひろ「幸子ちゃん、おいで」

幸子「し、仕方ないですね!」

奏「あの、プロデューサー?」

モバP「どうした?」

奏「わたしにも同じことしてくれないかしら?」

モバP「おお…奏がそんなこというとは珍しいな」

奏「これでもまだ子供よ」

モバP「そうだったな、よしよし」

奏「んっ…」

モバP「大人びてるけど、まだかわいいかわいい子供だな」

奏「ふふっ」


6:2017/04/10(月) 17:53:10.04 ID:
なんだこれ凄くいい

7:2017/04/11(火) 01:41:25.78 ID:
モバP「最近女の子を愛でているばかりな気がする」

高峯のあ「そうなの?」ボソッ

モバP「うわっびっくりした」

のあ「驚かせたならごめんなさい」

モバP「のあさんいったいいつから?」

のあ「ついさっきよ。ところでちひろは?」

モバP「お昼休憩ですよ」

のあ「そう、つまりあなたも?」

モバP「まぁそうなりますね」

のあ「休憩時間までデスクにむかって…おつかれ様」

モバP「のあさんも、おつかれさまです」

のあ「私は大丈夫よ」

モバP「そういって、つい最近まで寝込んでたじゃないですか」

のあ「ごめんなさい。体調管理もできないなんて社会人失格」

モバP「いや、こっちも詰めてましたから。申し訳ない限りです」

のあ「こちらが応えるべきよ」

モバP「…とにかく、ゆっくり休んでくださいね」

のあ「ありがとう」

モバP「あ、そうだ!膝枕でもしましょうか?」

のあ「気持ちだけ受け取っておくわ」

モバP「まぁそういわずに。ちびっこに人気なんですよ」

のあ「あなたの休憩を潰すことになるわ」

モバP「そんなの気にしなくていいですから、ほらソファに来て僕の隣に座ってください」

のあ「なら、その言葉に甘えることにするわ」ヒョコ

モバP「どうぞ」

のあ「…」

モバP「いかかです?」

のあ「幸せよ」

モバP「幸せ、ですか」

のあ「最高のパートナーと空間を共にこうして過ごせるのだもの」

モバP「なんだか、ありがたい話ですね」


8:2017/04/11(火) 01:50:19.65 ID:
ちひろ「ただいま戻りましたー」

モバP「おかえりなさいちひろさん」

ちひろ「ソファなんかにいて、珍しいですね」

モバP「あの、動けなくてですね」

ちひろ「?」

のあ「すぅ…すぅ…」

ちひろ「あー」

モバP「膝枕してあげてたら、寝ちゃいまして」

ちひろ「のあさん、幸せそうな顔してますね」

モバP「いつも無表情ですから新鮮です」

ちひろ「飛鳥ちゃんや蘭子ちゃんが憧れるミステリアスなのあさんじゃないですもんね」

モバP「女の子というか、ひとりの女性って感じがしますね。かわいい」

ちひろ「あ、微笑んでますよ」

モバP「絶対見れない顔ですな」

ちひろ「楽しい夢でも見てるんですかね」

モバP「そうだといいですね」

ちひろ「あの、プロデューサーさん?」

モバP「あれ、もう時間ですか」

ちひろ「起こさなくても大丈夫ですよ。できることはしておきますから」

モバP「ありがとうございます」


9:2017/04/11(火) 22:12:39.82 ID:
モバP「もう9時か、早く締めないとな」

鷺沢文香「あの、プロデューサーさん…」

モバP「お、文香か。まだ帰ってなかったのか?」

文香「読書に夢中になっていたら、ついついこんな時間に」

モバP「またかー、これで10回くらいじゃない?」

文香「申し訳ありません」

モバP「気にしなくていいよ。こんな時間に1人で帰らせるわけには行かないから本でも読んで待っといてくれ」

文香「いつもありがとうございます。ところで、ちひろさんは」

モバP「先帰った」

文香「お茶、いれてきましょうか?」

モバP「気遣い無用の助」

文香「そうですか」

モバP「もうちょっと待っててな」

文香「あの…プロデューサーさん?」

モバP「ん、どうした?」

文香「仕事に差し支えなければ、最近の出来事などを教えて欲しいのですが」

モバP「久しぶりだなそれ」

文香「あまり、お話する機会も時間もなかったですから」

モバP「忙しかったもんな」

文香「いえ、全く気にしていないので…」

モバP「ならいいんだが」

文香「あの、なにもなければ別に言わなくても…」

モバP「そうだなぁ…。あ、そういえば飛鳥が甘えてきてな」

文香「あの飛鳥ちゃんがですか」

モバP「あの飛鳥がだ。『次のliveバトルに勝てたら、言う事を聞いてくれないか』なんて言ってきてな。」

文香「想像できませんね」

モバP「そんなこと言ってくることもなかったからOKしたんだけどな」

文香「どんなおねがいだったんですか?」

モバP「人の温もりを感じたいんだ、なんて言って、べったり」

文香「なんだか、あまり想像できませんね」

モバP「だろう?。あいつもそういう年頃なんだろ。親元を離れて寮にいるんだから尚更」

文香「まだ14歳でしたね」

モバP「今度あったら抱きしめてやってくれ」

文香「ふふ、わかりました」

モバP「あとな、奏も頭撫でろなんて言って…かわいいもんだよ」

文香「あの奏さんがですか?」

モバP「奏が甘えてくるなんてびっくりしたけどな」

文香「私が見ている奏さんと、プロデューサーさんが見ている奏さんは、きっと違うのでしょうね」

モバP「奏が見せているものが違うのかも」


10:2017/04/11(火) 22:19:50.47 ID:
モバP「終わったから、話しながら帰ろうか」

文香「はい」ギュッ

モバP「あの、文香さん?」

文香「私は、子供ではありませんが…嫌ですか?」

モバP「いやじゃないけど、腕を絡めてってのはアイドルしてまずくないか?」

文香「なら、手を握るくらいなら」

モバP「うーん、難しい」

文香「そう、ですよね。変なことを言って申し訳ありません

モバP「…手ぐらいなら、仕方ないか。もう暗いしな」

文香「…!ありがとうございます…」

モバP「そんな感謝されることでもないだろ」

文香「…♪」


11:2017/04/12(水) 00:00:49.46 ID:
幸子「おはようございますプロデューサーさん!」バタン

モバP「や、やぁ」

飛鳥「ふぅ…」

奏「…」

文香「…」

幸子「またやってるんですか飛鳥さん」

飛鳥「目に見える距離は関係ない。問題は見えない距離だ。そうだろう幸子?」

幸子「そういうことを言いたいわけじゃ」

奏「私たちが来た時からずっとこのままなのよ」

幸子「ちなみにどれくらい…?」

奏「30分くらいかしら」

幸子「えぇ」

文香「」フラッ

奏「あら、どうしたの?」

文香「」ギュウウウ

飛鳥「!!?」ビクッ

モバP「?」

文香「飛鳥ちゃん、頼りないかもしれませんが、いつでもわたしに頼ってくださいね」

飛鳥「」

幸子「ふたりとも真っ赤っかですよ」

奏「文香も大胆ね」

モバP「気絶してやがる」

文香「えっ」


12:2017/04/12(水) 00:01:23.70 ID:
モバP「みんなレッスン行っちゃったな」

ちひろ「寂しそうですね」

モバP「そりゃあ寂しいですよ」

ちひろ「なにか楽しいことでもあったんですか?」

モバP「楽しいこと、ですかね」

ちひろ「彼女達のためにも、がんばってくださいね」

モバP「もちろんです!かわいいあいつらのためならどこへでも!」


13:2017/04/12(水) 00:02:26.55 ID:
おわり

駄文にお付き合いくださりありがとうございました。


14:2017/04/12(水) 00:34:13.94 ID:
おつ。みんなかわいいなぁ