ヴィーネ「私がガヴキチですって?」サターニャ「違うの?」

62c9dd89.jpg
1:2017/04/23(日) 22:42:41.203 ID:
ヴィーネ「何言ってるのよ。そんなわけないじゃない」

サターニャ「じゃあ今のあんたはなによ」

ヴィーネ「いつもとは逆で、ガヴに膝枕してもらってるだけだけど」

ガヴリール「まさかヴィーネの方から頼まれるなんてな。新鮮な気分だ」ナデナデ

ヴィーネ「えへへぇ……ガヴ~……♡」トロー

サターニャ「微笑ましい光景ね。ヴィネットの表情さえ映さなければ」

ガヴリール「おいおいサターニャ、この表情筋が死滅し切ったような表情のよさがわからないなんてな。そんなんじゃヴィネッ道を踏破するには程遠いぞ」

サターニャ「なにドヤ顔してんのよ。上手くないわよ」

ヴィーネ「ヴィネッ道を歩んでいいのはガヴだけよ!!!!!!!」ドンッ

サターニャ「それは杞憂だから安心なさい」


3:2017/04/23(日) 22:46:16.719 ID:
ヴィーネ「だいたいキチってなによ」

サターニャ「あんたのことよ」

ヴィーネ「キチ……ああ、基地、ベースってことね。
確かにガヴの帰ってこられる場所になりたいという想いのもと、日々精進しているわ」

サターニャ「曲解解釈も甚だしいわね」

ガヴリール「別にそんな努力しなくたっていいよ。私の家は、天界でもこのアパートでもない。ヴィーネの笑顔が咲いている場所だ」

ヴィーネ「ガヴ……///」

サターニャ「基地は二つあったのね」

ガヴリール「うん。私たちは漆黒の帳に投げ出された二つの星だ」

ヴィーネ「その通り。お互い支え合えれば社会の荒波に呑まれることないわね」

サターニャ「荒波の方から避けていくと思うんだけど」

ヴィーネ「愛の力バリアーね」

サターニャ「もうそれでいいわ」


5:2017/04/23(日) 22:51:32.204 ID:
サターニャ「というかアンタら、休日はずっとこうしてるの?」

ガヴリール「うん」

ヴィーネ「当たり前よね?」

ガヴリール「ねー?」

サターニャ「なんかウザったいわねこのノリ」

ガヴリール「いちどハマると抜け出せないんだよ、この感覚。自分を構成する全ての成分が絶えずヴィーネに向かって落下して行っているみたいな」

サターニャ「泥沼ってわけね」

ガヴリール「あぁ!!!!!!???!!! ●すぞ!!!!!!??」バンッ

ヴィーネ「が、ガヴだったら……どこまでも沈んでいいのよ?」

ガヴリール「ナイス表現だサターニャ!」グッ

サターニャ「それはなによりよ」


13:2017/04/23(日) 22:54:44.881 ID:
期待

14:2017/04/23(日) 22:56:35.245 ID:
サターニャ「っていうかアンタら最近一緒に登校してくるけど、同棲でも始めたの?」

ヴィーネ「いつかはしたいって考えてるけど、今の所は泊まり込みで我慢しているわ。
高校生同士……それも天使と悪魔が同棲って色々なところに筋の通った説明しなくちゃいけないから」

サターニャ「それは面倒ね」

ヴィーネ「でも、最近は仕送りが増えて希望を感じるの。ああ、私たちの一歩は、天界と魔界が真の和平をするための道標なんじゃないかって」

サターニャ「堕落してきただけじゃない。じゃあガヴリールの仕送りは減ったのね」

ガヴリール「いや、悪魔を受け入れたっていう事実で評価されているらしい。
私からしてみれば呼吸するだけでお金がもらえるみたいなものだ」スーハー

サターニャ「ヴィネットの髪のニオイを嗅いで仕送り増加なんてほんとボロイわね」

ヴィーネ「いや、そんなことないわよサターニャ。ボロボロのアパートに暮らす新婚っていうのにも風情があるわ」

サターニャ「アンタはなにを言っているの」


15:2017/04/23(日) 23:02:20.409 ID:
ヴィーネ「サターニャこそ、ラフィエルとはどうなってるの?」

サターニャ「あたりまえのように仲間認定しないでもらえないかしら。私の性癖はまともよ」

ガヴリール「じゃあなんだ、ラフィのこと嫌いなのか」

サターニャ「嫌いってわけじゃないけど……ただ、ストーカーなんかはほどほどにして欲しいわね。根は悪い子じゃなさそうだし、仲良くできそうって考えてるわ」

ヴィーネ「恐ろしいほどまともな意見ね。びっくりしたわ」

ガヴリール「ぶっちゃけつまらんな」

サターニャ「んはぁぁぁ! ラフィエルちゃんとキスしたいよぉぉぉ!! って言いだせば満足かしら」

ガヴリール「気狂いだろそれ。どこにいるんだよそんなの」

ヴィーネ「ガヴに同意。そこまであからさまなのは流石にいないわよ」

サターニャ「アンタらの場合は鏡の世界にいるじゃない」

ガヴリール「あはは、サターニャは面白いこというな」

サターニャ「前々から思ってたけど私ってケンカ売られてるのかしらね」


16:2017/04/23(日) 23:06:26.465 ID:
ヴィーネ「ん……」モゾッ

ガヴリール「どうしたヴィーネ?」

ヴィーネ「耳痒い。掻いて」

ガヴリール「はいはい。綿棒綿棒……」

ヴィーネ「……あ、うん。そう、ちょっと右かな」コソコソ

ガヴリール「ん」カリカリ

ヴィーネ「……むふー」スーハー

ガヴリール「なんだよ。私変なニオイするか?」

ヴィーネ「ううん、ガヴだなって思っただけよ」

ガヴリール「そっか」

ヴィーネ「うん、そうなの」

サターニャ「なんかお邪魔っぽいし帰った方がいいわよね帰るわよ」

ガヴリール「駄目だ。第三者に視認されることで効力を発揮する」

サターニャ「見せつけたいって白状したわねこの天使」


17:2017/04/23(日) 23:12:31.842 ID:
ヴィーネ「……ん、満足したわ。じゃあ交代ね、ガヴ、ほら」ポンポン

ガヴリール「あー、ヴィーネだー」ボスッ

サターニャ「文面だけ見ていると親子の会話と思えなくもないわね」

ガヴリール「そうだなー、あぁ~ヴィーネから生まれるんなら満足かも……」

サターニャ「それはいくらなんでも気持ち悪いわ」

ヴィーネ「ガヴがキモいとかざっけんじゃないわよこのド阿呆!!!!!!!!!!!」ガンッ

サターニャ「よく下の住人からクレームこないわね」


18:2017/04/23(日) 23:15:17.407 ID:
支援

20:2017/04/23(日) 23:18:47.998 ID:
サターニャ「でも考えてみなさいよガヴリール。
ヴィネットがあんたを産むってことは、誰かがヴィネットの瑞々しい肢体を貪ったってことなのよ?」

ヴィーネ「なんでちょっとエ●い表現使うのよスケベ」

サターニャ「ごめん」

ガヴリール「ああ、処●受胎だから大丈夫だ」

サターニャ「なにさらっと救世主になろうとしてるのコイツ」

ヴィーネ「ガヴ、不安にならないで。そんなこと仮の話に過ぎないわ。
だってほら、私は確かにガヴにはじめてを」

サターニャ「公序良俗に反する発言はカットする!」

ガヴリール「いいぞサターニャ。
カットされた方が想像のし甲斐があって興奮できる」

サターニャ「しまったぁぁ……裏目に出たぁぁぁ……」


21:2017/04/23(日) 23:20:03.438 ID:
ガヴィーネいいぞ

22:2017/04/23(日) 23:22:52.490 ID:
ガヴリール「なんだろうな、こう、永久に消えることのない勲章って感じがするよな」

サターニャ「えぇ……」

ヴィーネ「ふーんだ。ガヴの方はいつまで経っても決心つけてくれないのに……」ブー

ガヴリール「いや……滅茶苦茶痛そうだったじゃん。あんな壮絶なもの見せ付けられたら、そりゃ二の足踏むでしょ」

ヴィーネ「わ、私の手で痛みを与えられたって考えたら……どうかしら」

ガヴリール「……こ、今夜、な?///」カァァ

サターニャ「やめて。何をとは言わないからやめて」

ヴィーネ「サターニャも早く来ればいいのよ、こっちの世界に」

ラフィエル「そうですよ~♪ 知識だけはありますよ?」

サターニャ「だから当たり前のように私をレズにするのはやめなさい」

ラフィエル「本当は嬉しいくせに~♪」

サターニャ「いい加減にしないと天界に留学中の天使から性的いやがらせを受けてますって訴えるわよ?」

ラフィエル「誠に申し訳ありませんでした」

ヴィーネ「この速さなら言えるわ……はじめてを捧げたんだから!」

サターニャ「言い切りやがったわこの淫魔」

ガヴリール「ヴぃ、ヴィーネ……そんなっ……///」

ラフィエル「許してください」

サターニャ「誰が収集付けんのよこれ」

ラフィエル「出来心だったんです。ただサターニャさんとお話ししたかっただけなんです」

サターニャ「ああもういいから土下座やめなさい」


23:2017/04/23(日) 23:27:49.460 ID:
サターニャ「そんなにベタベタして……卒業後はどうするの? 故郷に帰るの? それとも留学続行するの?」

ヴィーネ「続行に決まってるじゃない」

ガヴリール「同じ大学に行くんだ」

ラフィエル「私はサターニャさんと同じところへ行く予定ですよ?」

サターニャ「まあガヴリールとヴィネットは予想通りとはいえ、ラフィエルはもうちょっと上目指せるじゃない」

ラフィエル「いえいえ、退屈と学歴を秤にかけた結果、選ばれたのはサタニキアでした」

サターニャ「ああそう……まあ、大学行ったら少しはまともになるといいわね」

ガヴリール「民主主義的にこの中での異常はサターニャだぞ」

サターニャ「うるせえよクソレズ!!!!」

ガヴリール「ごめんな」

ヴィーネ「調子に乗ったわ」

ラフィエル「すみませんでした」


24:2017/04/23(日) 23:28:43.132 ID:
サターニャじゃないお前は誰だ

25:2017/04/23(日) 23:29:35.671 ID:
メロンパンの食いすぎで脳に糖分が行き渡ってるんだろう

26:2017/04/23(日) 23:31:50.228 ID:
~帰り道~

サターニャ(はぁぁ疲れた……アイツらの表情から、なんか尋常じゃない色が見えたんだけど、気のせいじゃないわよね……)

ラフィエル「サターニャさんったら浮かない顔つきですね」

サターニャ「アンタにも原因の一端があるということを理解なさい」

ラフィエル「てへへ♪」

サターニャ「ぶつわよ?」

ラフィエル「すみません。
あ、サターニャさんサターニャさん」

サターニャ「なによその瓶」

ラフィエル「香水……というものを買ったんです。ちょっと嗅いでみていただけませんか?」

サターニャ「いいわよ……うっ!」

サターニャ「……な、なによ、これ……」フラァ

ラフィエル「うふふ♪ 刑事ドラマに登場する、クロロホルムに近しい薬品です♪」

サターニャ「意識が……」ガクッ

ラフィエル「さて……それでは行きましょうか。私たちの愛の巣へ♪」

終わり


27:2017/04/23(日) 23:32:40.636 ID:


28:2017/04/23(日) 23:32:47.832 ID:


30:2017/04/23(日) 23:34:47.203 ID:
おつおつ

サターニャもはやく楽になあれ


32:2017/04/23(日) 23:41:17.538 ID:

相変わらずテンポいいな

33:2017/04/23(日) 23:43:06.321 ID:


34:2017/04/23(日) 23:43:58.697 ID:
よかった