卯月「家出してきました」

02f4a429.jpg

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:12:16.52 ID:BsFEg1gO0
アニメ版アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。 
時期的には24話と25話の間です。

SSWiki : ss.vip2ch.com/jmp/1460473936

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:13:08.88 ID:BsFEg1gO0
卯月「家出してきました」 

武内P「……はい?」 

卯月「ですから、家出してきたんです。ですから、泊めてください!」 

武内P「……」 

武内P(落ち着いて、状況を整理しよう) 
武内P(冬の舞踏会を控えたこの寒い日、珍しく早めに部屋に戻れた) 
武内P(そうしたら、玄関の前に島村さんが居た……) 

武内P「……その段階で意味がわかりません」 

卯月「あの、どうしたんですか?」 

武内P「すみません、いくつかご質問をよろしいですか?」 

卯月「はいっ!」 

武内P「まず、家出してきたと言いましたが、それは事実ですか?」 

卯月「もちろんですっ!」 

武内P「そんなに力強く答えなくて結構です。ですが、いい笑顔です」 

卯月「ありがとうございますっ!」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:14:43.47 ID:BsFEg1gO0
武内P「次に、なぜ家出をしたのですか?」 

卯月「……それは……」 

武内P「……」 

卯月「言わないと、駄目ですか?」 

武内P「言わなければ無理にでも家に送り返します」 

武内P(とは言ったものの……気の毒ですが、言ったとしても家に帰ってもらいましょう) 

卯月「その……アイドル」 

武内P「アイドル?」 

卯月「ママに……アイドル、辞めろって言われたんです」 

武内P「!?」 

卯月「プ、プロデューサー!?」 

武内P「まだ小さくともこの星は確かに輝いている、その輝きを消してしまうのはまだ早い。弱い輝きも、無ではないのです!」 

卯月「落ち着いてください、詩人みたいになってますよ!」 

武内P「失礼しました……」 

卯月「あの、ママにアイドル辞めろって言われて……それで、家出して来ちゃったんです」 

武内P「……よほど急いでいたのですね、制服のまま来るとは……」 

卯月「あはは……くしゅっ」 

武内P(……まだ寒い季節だ、泊める泊めないを決断するにしても、寒空の下は厳しいか……) 

武内P「とにかく、中に入ってください」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:15:58.35 ID:BsFEg1gO0
卯月「あ、ありがとうございますっ!」 

武内P「……ところで、何故、私のマンションの場所が分かったのですか?」 

卯月「教えてもらったんです」 

武内P「いったい、誰に?」 

卯月「都ちゃんです! 秋頃に仲良くなったんですよ!」 

武内P「はあ……」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:16:52.49 ID:BsFEg1gO0
――― 
―――室内 

卯月「うわあ、ここがプロデューサーさんのお部屋なんですね」 

武内P「何分、男の一人暮らしです。むさ苦しいところをお見せしてすみません」 

卯月「そんな、私の部屋よりよっぽど片付いてます」 

武内P「……」 

武内P(さて……どうしたものか) 
武内P(まずは島村さんの家族に連絡を取らなければ) 
武内P(つぎに、彼女をどうするか……まさか泊める訳にもいかない) 
武内P(ちひろさん……いや、プロジェクトの誰かの家に送るにしても、連絡する必要がある) 
武内P(そうなると、彼女に聞かれているのは良くない) 

武内P「島村さん!」 

卯月「は、はい!」 

武内P「お風呂に、入りませんか?」 

卯月「……………………………………………………………………………………はい?」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:17:27.47 ID:BsFEg1gO0
武内P「寒空の下に長い間居たのですから、身体が冷えているでしょう。まずは、暖まってください」 

卯月「そそそ、そうですよね!」 

武内P「着替えは私のシャツを使ってください、いいですね! じっくり暖まってください!」 

武内P「けっして!」 

武内P「あせって!」 

武内P「すぐに出てこないように!」 

卯月「は、はい!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/04/13(水) 00:18:00.37 ID:I52Qfs0Yo
これは期待
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:18:18.96 ID:BsFEg1gO0
――― 

武内P「さて……まずは島村さんのご家族に……」 

――プルルルルル 
――プルルルルル 
ガッシャ 

卯月ママ「はい、島村です」 

武内P「夜分遅くに失礼します――」 

――事情を説明―― 

卯月ママ「そうですか……卯月が申し訳ありません」 

武内P「はい、それで――」 

卯月ママ「今晩は、そちらに泊まるんですよね?」 

武内P「は?」 

卯月ママ「すみません、あれで頑固なところがあるので、言い出したら聞かないですよね。このお詫びは、後日必ずいたします」 

武内P「あ、あの!」 

卯月ママ「それでは、よろしくお願いします」 

武内P「話を聞いてください!」 

――ガチャ 
――ツーツーツー 

武内P「……訳が、分かりません」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:19:15.44 ID:BsFEg1gO0
武内P「落ち着こう……この時間に島村さんを家に泊められそうな人は……」 

武内P「そうだ、渋谷さん!」 

――プルルルルル 
――プルルルルル 
ガッシャ 

武内P「渋谷さん!」 

凛「プロデューサー、こんな時間にどうしたの?」 

武内P「実は――」 

――事情を説明―― 

凛「ふーん、そうなんだ……卯月が、ふーん、そうなんだ、ふーん」 

武内P「あの、渋谷さん?」 

凛「あ、ちょっと出かけてくる……」 

凛「え、止めないでよ……危ない?」 

凛「なんでハナコまで……」 

凛「っ!? 呼んでる……大いなる空の世界で、団長たちが助けを求めてる」 

――ガチャ 
――ツーツーツー 

武内P「……」 

武内P(いったい、何が) 

卯月「プロデューサーさん?」 

武内P「!?」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:20:23.04 ID:BsFEg1gO0
卯月「お風呂いただきました。ありがとうございます」 

武内P「そそそ、その格好は?」 

卯月「あ、えっと、言われたとおりにシャツを着替えにしたんですけど、何か変ですか?」 

武内P「い、いえ……」 

武内P「そ、その……何と言うか、無防備な姿を見るのは久しぶりなので、驚いてしまって」 

卯月「えっと、そんなことありましたっけ?」 

武内P「はい、前に風邪で休まれたときに……」 

卯月「あっ……未央ちゃんの……」 

武内P「そ、そうです! これから、本田さんのお宅に行きませんか?」 

卯月「え、こんな遅くに迷惑ですよ」 

武内P「いえ。それに、卯月さんが泊まるのなら、男の一人部屋よりもそちらの方が」 

卯月「えっと、それは……無理です……」 

武内P「どうしてですか?」 

卯月「その……今、これ一枚しか着てないんです」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:21:25.54 ID:BsFEg1gO0
武内P「……一枚?」 

武内P「一枚ということは、その、し、下着は……」 

卯月「ありません……」 

武内P「……」 

卯月「あの、下着の替えがなかったんです」 

武内P「……アタシポンコツアンドロイドですか?」 

卯月「脱いじゃってません!!」 

武内P「……寒空の元、下着も着けていないシャツ一枚の少女を連れ出す」 

卯月「犯罪ですねっ!」 

武内P「……仕方ありません、今日だけですよ」 

卯月「ありがとうございます!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:22:09.35 ID:BsFEg1gO0
――― 

卯月「それにしても……」 

武内P「どうしました?」 

卯月「あんまり、物を置いてないんですね」 

武内P「元々、あまり物を持つ人間ではないので」 

卯月「はあ~~私なんか、そんなの必要ないのにって、ママからしょっちゅう怒られてます」 

武内P「それだけ、島村さんが多趣味だと言う事でしょう」 

卯月「堪え性がないだけかもしれないです」 

武内P「そんなことはありません。あなたの強さは、私が保証します」 

卯月「そう、ですか?」 

武内P「……」 

卯月「……」 

武内P「……」 

卯月「……」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:22:45.53 ID:BsFEg1gO0
武内P「……」 

卯月「……」 

武内P「あのっ」 

卯月「あのっ」 

武内P「そちらからどうぞ」 

卯月「あ、ありがとうございます」 

卯月「その、家出してきた理由……なんですけど」 

武内P「アイドルを辞めるか、ですね」 

卯月「はい……実は、ママ、12月までのこと、すごい心配してて」 

武内P「……養成所で数ヶ月、ひたすらレッスンを繰り返していた時ですね」 

卯月「その間、家でもずっと笑顔になれなくて……それで、心配してたみたいなんです」 

武内P「……」 

卯月「それに、私、あんまり身体も丈夫じゃなくて」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:23:21.30 ID:BsFEg1gO0
卯月「未央ちゃんの時も、一番大事な時に倒れちゃって」 

卯月「それだけじゃなくて、昔からなんです……養成所の時も、いざオーディションの直前で倒れちゃったり、それで心配をかけて」 

卯月「それで、実は今日は、レッスンの途中でへばっちゃって……トレーナーさんから、ママに連絡がいったみたいなんです」 

武内P「それは……」 

卯月「心配ないって言っても、聞いてくれなくて……それで、ケンカになっちゃって」 

武内P「……」 

卯月「……」 

武内P「島村さん、明日になったら、もう一度ご家族と話し合ってください」 

卯月「……でも」 

武内P「大丈夫です。ずっと島村さんの夢を応援してくれた家族なのですから」 

卯月「……」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:23:50.16 ID:BsFEg1gO0
武内P「安部さんを、知っていますね」 

卯月「はい、菜々ちゃんですよね」 

武内P「彼女が346カフェで働いている理由を、知っていますか?」 

卯月「えっと、お金が足りないから」 

武内P「ええ。彼女はシンデレラプロジェクトの皆さんとは違い、金銭的に困窮しています」 

武内P「それは、ご家族からの支援を受けられないからです」 

卯月「あ……」 

武内P「島村さん。あなたが万全にアイドルとして活動できるのも、その前の養成所に通えていたのも、あなたを応援する家族の支援があってこそです」 

武内P「ですから、必ず、話し合ってください」 

卯月「……はい」 

武内P「さあ、今日はもう寝ましょう」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:24:17.71 ID:BsFEg1gO0
――― 

武内P(翌朝、島村さんは元気に家へと帰っていった) 

武内P(きっと、彼女ならば大丈夫だろう……) 

――― 
―――346プロ 

常務「待ったいたぞ」 

武内P「……あの、何か?」 

常務「アイドルを部屋に泊めたそうだな」 

武内P「!? 何故、それを」 

常務「渋谷君からの報告だ」 

武内P「な、何故渋谷さんから!?」 

常務「彼女もクローネの一員だ。連絡手段くらい用意しているに決まっているだろう」 

常務「さあ、弁解を聞こう。今西と千川も待っているぞ」 

武内P「……はあ……」 

――終わり

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/04/13(水) 00:25:09.15 ID:BsFEg1gO0
以上です。短いですが、失礼しました。 
お付き合いいただき、ありがとうございます
記事元:ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460473936/